フェイ・ダナウェイ

フェイ・ダナウェイ5 『華麗なる賭け』5(2ページ)

    作品名:華麗なる賭け The Thomas Crown Affair (1968)
    監督:ノーマン・ジュイソン
    衣装:セオドア・ヴァン・ランクル/ダグラス・ヘイワード
    出演者:スティーブ・マックイーン/フェイ・ダナウェイ/アストリッド・ヒーレン


    世界で10台しか生産されなかったフェラーリが登場。

    ゴージャスな女性には、最も汚れやすいカラーが似合う。

    撮影後マックイーンが購入したフェラーリ275GTB/4 NARTスパイダー。生産台数は世界で僅か10台。

    1965年6月に発売された16mmカメラ「キャノン・スクーピック16」。

    オールホワイトに黄金球のイヤリングが目立ちます。

    どこかチャイナ風のオーバーサイズハット。

    チャーリーズ・エンジェルのようなポーズ。

    60年代とは「ジャケットの時代」でもあった。

    セオドア・ヴァン・ランクルのデザイン画。

    ヴィッキー・ルック4 オールホワイト・ルック
    • 白の女優帽
    • オフホワイトのスカートスーツ、ミニスカート
    • マフラーのようなネックのブラウス
    • ホワイトタイツ
    • 白×キャメル・バイカラーローヒールパンプス
    • ゴールデンボール・イヤリング




    ヴィッキーのバイカラー・ファッション






    ヴィッキー・ルック5 ブラック&ホワイト
    • 黒の女優帽、あご紐つき
    • ブラック&ホワイト・ワンピース
    • ブラックタイツ
    • 黒のローヒールパンプス
    • 大きなパールイヤリング
    • 白の手袋

    カトリーヌ・ドヌーヴが『昼顔』(1967)のラストドレスとして着用しているスクールガール風ブラックドレスをはじめとして、1960年代後半は、サイケデリック柄やパステルカラーが流行する一方で、ブラック&ホワイトのバイカラー・ファッションが流行しました。



    ページ:

    1

    2

    スポンサーリンク

    スポンサーリンク

    女性目線の男磨き

    カイエ・デ・モード目次

    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。