その他

クローズ アップ (アニック・メナード)

スポンサーリンク

香水データ

香水名:クローズ アップ Close Up オード・パルファム
ブランド:オルファクティヴ・ストゥディオ
調香師:アニック・メナード
発表年:2016年
対象性別:ユニセックス
価格:50ml/16,500円
販売代理店ホームページ:フォルテ


トップノート:グリーンコーヒー、香辛料、グリオットチェリー
ミドルノート:ホワイト・タバコ、パチョリ、アトラス・シダー、ローズセンチフォリア
ラストノート:アンバー、ムスク、トンカビーン

香水広告フォト&動画


「香水は21世紀のモダン・アートです」セリーヌ・ヴェルーレ

一枚の絵(写真)は一千の言葉に値する」という格言は、私にとって真実です。そして、この格言が、私がフレグランスをクリエイティヴする基礎になっています。私はフレグランスは21世紀のモダン・アートだと考えています。だからこそ、多くのブランドのように過去に縛られてフレグランスを創造するのではなく、モダンで型破りな作品を創造したいと心がけています。

セリーヌ・ヴェルーレ

ケンゾー・パルファンで、1993年から働き「ケンゾー ジャングル」や「ローパ ケンゾー」の誕生の一翼を担っていたセリーヌ・ヴェルーレが2011年9月に創造したフランスのニッチ・ブランド「オルファクティヴ・ストゥディオ」。それはセリーヌ自身が選んだ写真から調香師が着想を得てフレグランスを作り出すという斬新なスタイルが。

10作品目になる本作は、かなりスピリチュアルなテーマい基づいて作られた香りです。それは、「近すぎて見えない。しかし、遠くても見えない」という全ての物事の本質から離れて、恐れずに嗅覚の本質にクローズアップしてみようというテーマです。

「アニマル・アイズ」スレン・マンベリヤン




「アニマル・アイズ」シリーズでも有名なアルメニアの写真家スレン・マンベリヤン(1976-)の写真(目の虹彩のクローズアップの写真)から着想を得たアニマリック・オリエンタルの香りは、アニック・メナードにより調香されました。

アニスと思われるスパイシーさが加わった(焙煎せずに生豆のまま成分を抽出した)グリーンコーヒーとチェリーアンバー(コニュックに浸したようなグリオットチェリー=シロップ漬けされたサワーチェリー)のブレンドという濃厚なコーヒーリキュールの香りからはじまり、やがて、スモーキーなタバコの温かさに香り全体が包まれます。最後には、70%のダークチョコレートのようなパチョリとムスクによってドライダウンしていきます。

それは、食材を味わう喜びにも似ています。何も考えずに食べればそれはただのおいしい料理なのですが、それが福井県の日本海の荒波の中で逞しく生きたズワイ蟹だと知ればその味わいにもまた違ったものが生まれてきます。そして、嗅覚にも全く同じ感覚が存在します。シダーウッドの温かい香りはどこからやって来たのか?それがフィルニッヒの研究所からやって来る前の長い道のり。モロッコからチュニジアにかけて東西に伸びるアトラス山脈からやって来たという事実を知ると私たちは「香りは旅人」であることを知るのです。

クローズアップしてみれば、ひとつひとつの香りを感じ取ることが出来ます。しかし、香りを堪能するためには、クローズアップを止めなければなりません。香りに距離を置いた瞬間に広がる壮大なる世界の息吹。それらがブレンドされ、ひとつの香りを生み出すという事実に対する感動。それがこの「クローズ アップ」のテーマです。

そして、最後にひとつと言うならば、人間の瞳の神秘性を表現することが複雑であるように、この香りの構成とその魅力を表現することは実に複雑なです。そして、それを見事にやってのけたアニック・メナードという調香師は、紛れもない天才の一人なのです。この香りは間違いなく、歴史的傑作です。

スポンサーリンク

更新カレンダー

2019年11月
« 10月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

ファッションアイコン(女優編)

PAGE TOP