究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【セルジュ ルタンス】フィーユ アン エギュイユ(松林の女の子)(クリストファー・シェルドレイク)

クリストファー・シェルドレイク
©資生堂
クリストファー・シェルドレイクセルジュ・ルタンスブランド調香師香りの美学
この記事は約2分で読めます。

フィーユ アン エギュイユ(松林の女の子)

原名:Fille en Aiguilles
種類:オード・パルファム
ブランド:セルジュ・ルタンス
調香師:クリストファー・シェルドレイク
発表年:2009年
対象性別:ユニセックス
価格:100ml/35,200円
公式ホームページ:セルジュ・ルタンス

スポンサーリンク

クリスマスの香り?ピンヒールの少女の香り?

©Serge Lutens

2018年11月にセルジュ・ルタンスより発売された、限られた店舗でのみ販売されている新しいプレミアムコレクション「グラットシエル コレクション」。「グラットシエル」とは、フランス語で「摩天楼」「超高層ビル」の意味です。

その黒のファセットガラスボトルのシルエットは、エンパイアステートビル、クライスラービルなど20世紀初頭から1930年代にかけてニューヨークに出現した世界初の高層ビルをモチーフにしたデザインです。2009年に販売された「フィーユ アン エギュイユ」も、このコレクションのひとつとなりました。

「針の少女」という意味のこの香りは、「松林の女の子」という邦題がついています。夏の太陽の下の松林とパリで針のように細くて高いヒールを履く女の子をテーマにした香り。つまりは「ハイヒールの少女」です。

ただし、実際の香りは、クリスマスに合いそうな香りです。冬の松林と砂糖漬けのフルーツがたっぷり入ったケーキを焼く香りに包まれています。クリストファー・シェルドレイクによる調香です。

スポンサーリンク

香水データ

香水名:フィーユ アン エギュイユ(松林の女の子)
原名:Fille en Aiguilles
種類:オード・パルファム
ブランド:セルジュ・ルタンス
調香師:クリストファー・シェルドレイク
発表年:2009年
対象性別:ユニセックス
価格:100ml/35,200円
公式ホームページ:セルジュ・ルタンス



シングルノート:ベチバー、ベイリーフ、松、香辛料、フランキンセンス、バルサムモミ、ドライフルーツ

タイトルとURLをコピーしました