究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【ゲラン】ゲラン オム オーデトワレ(ティエリー・ワッサー)

ゲラン
ゲラン ティエリー ワッサー ブランド 調香師 香りの美学
この記事は約5分で読めます。

ゲラン オム オーデトワレ

原名:Guerlain Homme Eau de Toilette
種類:オード・トワレ
ブランド:ゲラン
調香師:ティエリー・ワッサー
発表年:2008年(現在販売終了)
対象性別:男性
価格:50ml/9,000円

スポンサーリンク

ゲラン180周年記念のメンズ香水は、モヒートの香りだった

Guerlain Homme
Making Of Guerlain Homme

ガラス製のボトルがとても美しく、重厚感があり、男性らしいです。フェラーリが大人の男性にとっての高価なおもちゃであるように、シルバーのボンネット・モチーフのこのボトル・デザインは、フローズン・アイスのようで美しく、まさにすべての男性がバスルームに持っていきたくなる大人のおもちゃなのです。

ティエリー・ワッサー

2008年当時、ゲランのパルファム部門のクリエイティヴ・ディレクターだったシルヴェーヌ・ドゥラクルトが、2003年にリッツ・パリのザ・バー・ヘミングウェイで経験した出来事がきっかけとなり生まれた香りでした。

それは伝説のバーテンダーと呼ばれるコリン・ピーター・フィールドが作った一杯のモヒートからはじまりました。そして、そのモヒートを飲んだ瞬間、シルヴェーヌの脳裏にはっきりとキューバのオールド・ハバナで飲んだモヒートの味が蘇ってきたのでした。

こうして生まれた「ゲラン オム」は、ゲラン創業180周年を記念し、五代目専属調香師ティエリー・ワッサーによ調香されました。

リッツ・パリのザ・バー・ヘミングウェイ


モヒートカクテルの香りをイメージし生み出されたウッディー・アロマティックな香りです。モヒートとは、キューバのハバナ発祥のラム・ベース(ミントの葉、ライム、砂糖)のカクテルです。

ザ・バー・ヘミングウェイのような、本物を知る酸いも甘いも知り尽くした男達(でも打ちひしがれ易い子供らしさも併せ持つ)が集まる老舗のバーカウンターで、真っ昼間から、モヒートを嗜む醍醐味。それは、ペストルで押しつぶされたミントの葉が、炭酸によって弾き出される瞬間を口内に感じる至福のひとときなのです。

モヒートという名のグリーンティーの香り

ボクシンググローブをはめるアーネスト・ヘミングウェイ。

ヘミングウェイ=男の世界=「勝者に報酬はない(Winner Take Nothing)」。

つまりは、ピラミッド構造で変わる感情的な香りではなく、ライム、ベルガモットによるシトラスと、ミント、(ほんのりとスパイシーな)ゼラニウムによるアロマティック、そして、シダー、ベチバーによるウッディが、バーの空気のように循環する中に、ダンディズムを体現するホワイトラムの香りが投入されている香りなのです。

ドライダウンに向かうにつれ、増していくウッディ(特にベチバー)とホワイトラムがブレンドされた香りが大人のムードを醸し出すのですが、何よりもこの香りの魅力は、ライムとミントの香りが決して強くなく、優しく身体全体を包み込んでいく最初の瞬間でしょう。

あくまでもバー・ヘミングウェイをイメージした上品な香りであり、キューバで飲むモヒートのような野性味はそこには存在せず、むしろグリーンティーのような香りがします。

ちなみにこの香りの中に存在するルバーブは、引退していた四代目専属調香師ジャン=ポール・ゲランの意向によるものでした。この時、ルバーブは香りの中ではじめて使用されたのでした。

ボトル・デザインは、フェラーリ、マセラッティなど高級車のデザインを手がけるイタリアのデザインハウス、ピニンファリーナ社によるものです。

スポンサーリンク

「ヨージ・オム」に似た香り



ジャン=ポール・ グードが撮影したキャンペーン・フィルムによって生み出された「ゲラン オム」の野生的なイメージとは裏腹に、実際のところは清潔感溢れる、オフィスでも付けやすい類の香りです。そして、ティエリー・ワッサー自身も「他には真似のできないフレッシュネスな香り」とアナウンスしています。

ルカ・トゥリンは『世界香水ガイド』で、「ゲラン オム オーデトワレ」を「ラム酒ウッド」と呼び、「まずは、いいお知らせ。香りは素晴らしいし、瓶も素敵だ。次に悲しいお知らせ。香りも瓶も独創性に欠けている。あのすばらしい「ヨージ・オム」の処方に不愉快なほど似ている。冷たさと温かさのバランスも、ラムとミント、アニス風の香りも似ている。」

「だが「ヨージ・オム」が廃盤になった現在、何もないよりはましだ。瓶は馬車メーカーのピニンファリーナのデザインだが、露骨なほど「ディオール オム」にそっくり。それに加えてこの名前だ、誰もが疑問に思わずにはいられない」と評し、

タニア・サンチェスは、「私の嗅覚が正しければ「ヨージ・オム」とはだいぶ違う。だから「ヨージ・オム」の代わりにどうぞ、とはいいがたい。「ゲラン・オム」はもっと薄くて深みがなく、「ヨージ・オム」の特徴だったいぶし銀の魅力に欠ける。」と4つ星(5段階評価)の評価をつけています。

スポンサーリンク

香水データ

香水名:ゲラン オム オーデトワレ
原名:Guerlain Homme Eau de Toilette
種類:オード・トワレ
ブランド:ゲラン
調香師:ティエリー・ワッサー
発表年:2008年(現在販売終了)
対象性別:男性
価格:50ml/9,000円


シングルノート:ライム、ミント、ベルガモット、シダー、ベチバー、モヒート、ラム、ゼラニウム

タイトルとURLをコピーしました