アルベルト・モリヤス

ゴルデア・ローマン・ナイト (アルベルト・モリヤス)

    香水名:ゴルデア・ローマン・ナイト Goldea The Roman Night オード・パルファム
    ブランド: ブルガリ
    調香師:アルベルト・モリヤス
    発表年:2017年
    対象性別:女性
    価格:50ml/11,800円、75ml/14,100円(税抜き)
    公式ホームページ:ブルガリ






    トップノート:クワの実、ベルガモット、ブラック・ペッパー
    ミドルノート:ナイト・ブルーミング・ジャスミン、ローズ、チュベローズ、ピオニー
    ラストノート:ベチバー、パチョリ、ブラック・ムスク、コケ

    2017年9月6日日本全国発売。ブルガリの「ゴルデア」コレクションの第三弾フレグランス。シプレー・フローラル・ムスク調の香り。

    ドレスはジョン・ガリアーノのヴィンテージ。


    2016年、姉妹ではじめてヴィクトリアズ・シークレットのモデルになったベラ・ハディット(1996-)がキャンペーン・モデルをつとめ、2017年5月24日ローマのスペイン広場で大々的に発売が発表されました。撮影はグレン・ラチフォードによって行われました。

    シプレーノートに、官能的な輝きを放つブラックムスクとパチョリを重ねた〝ブラックムスクの宝石〟と呼ぶ斬新な香りを調香したアルベルト・モリヤスは語る。「ローマの情熱が注がれたフレグランスは、人の本能やミステリーの幕を開けるローマの衝動的な夜の記憶を思い起こさせます。ゴールドの秘薬のようなフレグランスをまとった、力強くて魅惑的なローマの女神は、自由気ままに未知なるローマの夜へと導かれていきます」。

    「夜に咲くジャスミンとチュベローズが魅惑に満ちた夜の美しさを象徴しています。優しく包み込むようなベリーとブラックピオニーの甘美な香りが官能的な気分を高め、華やいだ夜を演出してくれます」。

    〝ローマの夜〟という名の香りなのですが、〝華やかなるローマ〟と〝パーティの夜〟=〝ドルチェ・ヴィータ(甘い生活)〟をイメージさせるこの香りを、日本で使用出来る機会は極めて稀でしょう。ゴルデア・シリーズの中でも最もお勧めしにくい香りであることは間違いありません。

    本来は50mlをバカラボトルに詰めて、ベラのような女としての重量感に欠ける〝生まれながらの富裕層〟に55万円くらいで売るべき香りであり、現在の価格帯では、富裕層はまず購入しない、富裕層しか使う機会のない香り。




    カテゴリー一覧

    ファッションアイコン(女優編)

    PAGE TOP