究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【ブルガリ】ゴルデア シリーズの全て

アルベルト・モリヤス
アルベルト・モリヤスブランドブルガリ調香師香りの美学
この記事は約3分で読めます。

ゴルデア シリーズ

Goldea 2012年当時ブルガリ・フレグランスは存亡の危機に立たされていました。3月にブルガリの香水部門の最高責任者に就任したヴァレリア・マニーニにとって最大の問題は、世界中のショッピングモールやドラッグストアでディスカウント販売されているブルガリ・フレグランスの、地の底にまで堕ちた評判をいかにして上げていくのかということでした。

そして、そのために彼女が最初に打った手が、最上級ラインのレ ジェンメ・コレクションでした。そして、2015年に打った二つ目の手が、ラグジュアリー・コレクション「ゴルデア」の誕生でした。

さぁ、今ここにブルガリ王朝復興の狼煙はあげられたのでした。

ブルガリ BVLGARI ウーマン ギフト コレクション 5ml×5 ミニ香水 ミニチュアセット fs 【あす楽】

価格:6,138円
(2021/5/25 19:28時点)
感想(3件)

スポンサーリンク

ゴルデア以前のブルガリ・フレグランス史


1993年に、ジャン=クロード・エレナが創造したオ パフメ オーテヴェールからはじまるブルガリの香水の歴史は、ドラッグストアやショッピングモールで、(大概は放置したままで劣化している)コットン入りのミニボトルを嗅ぐことによって購入する70%オフ・フレグランスの象徴として定着していきました。

やがて、2000年代に入ると、「最も購入してはいけないフレグランス・ブランドのひとつ」とまで、香水に興味のない人々にも噂されるほどに、その香水という分野におけるブランド力は、地の底にまで落ちていました。

そんな状況を打破するために2014年に生み出されたのが、100mlで41,580円する「レ ジェンメ」コレクションでした。しかし、このコレクションは、一般の人々には、ほとんど届かず、香水好きな人々にとっても「ブルガリのエクスクルーシブ・ライン」には興味を持てないという気持ちを強くさせるだけでした。

ゴルデアの奇跡


ブルガリが最後に一般的なフレグランス・コレクション「オムニア」を発表し、十数年以上経った、2015年10月、世界に向けて、(エクスクルーシブではなく)ラグジュアリー・フレグランス・コレクションとして、起死回生の一撃の如く、ローンチしたのがこの「ゴルデア」でした。

ゴレデアとはGold(黄金の)とDea(ラテン語で女神)を組み合わせた造語で「太陽の黄金の輝きを手にした女性美」を表現しています(ボトル自体も。ボトルネックには、蛇のモチーフがぐるりと巻き付けられており、ゴールドと太陽をモチーフに作られています)。

それはブルガリを代表するジュエリーコレクションであるセルペンティからインスパイアされたフレグランスであり、またブルガリの香水という分野における、ブランドとしての黄金期を意味する『ブルガリ王朝』スタートの意味も含んでいました。

そして、「ゴルデア」は、奇跡的な売り上げを上げ、2016年に発売された第二弾「ローズ ゴルデア」も、それ以上の売り上げを上げることになったのでした。こうして王朝は奇跡の復活を遂げたのでした。

スポンサーリンク

ゴルデア王朝

2019年


ローズ ゴルデア ブロッサム ディライト(アルベルト・モリヤス)

2017年


ゴルデア ローマン ナイト(アルベルト・モリヤス)

2016年


ローズ ゴルデア(アルベルト・モリヤス)

2015年


ゴルデア(アルベルト・モリヤス)

タイトルとURLをコピーしました