究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【ラルチザン】オ ボー ド ロー(ファブリス・ペルグラン)

その他
その他 ブランド ラルチザン 調香師 香りの美学
この記事は約3分で読めます。

オ ボー ド ロー

原名:Au Bord de L’Eau
種類:オーデ・コロン
ブランド:ラルチザン
調香師:ファブリス・ペルグラン
発表年:2017年
対象性別:ユニセックス
価格:100ml/18,700円
公式ホームページ:ラトリエ・デ・パルファム

スポンサーリンク

日本の解釈ではモネの「睡蓮」の香り



「オ ボー ド ロー」は、ラルチザンが、新たな客層の獲得を目的に、2017年に「シュール エルブ」と共に発売したオーデ・コロンです。その名の意味は、「水のほとりで」という意味です。

まず最初にこの香りに対する解釈は、ワールド・ヴァージョンとジャパニーズ・ヴァージョンの二種類があります。そして、そのどちらの解釈を自分自身の解釈とするかは、香りの楽しみ方のひとつなので、どっちであっても全く問題ありません。

では、まずジャパニーズ・ヴァージョン(ブルーベル・ジャパンのPRが日本マーケットに合わせて拡大解釈したと思われるヴァージョン)について。


フランスの印象派の画家クロード・モネ(1840-1926)は、1893年に、パリから数十キロ程セーヌ河を下った小村ジヴェルニーに日本風の太鼓橋のある庭園を造成しました。

そして、そこに睡蓮を浮かべた大きな池が掘られ、1899年から「睡蓮」を主題にした絵画を約250点以上描いたのでした。この「睡蓮」シリーズからインスパイアーされ生み出されたのがこの香りであるという解釈です。それは正しくはないのですが、日本人には伝わりやすい解釈となります。

真実のこの香りの意味は、「覚醒寸前」。


一方、世界的な正解の解釈としてのワールド・ヴァージョンは、クロード・モネであることは同じなのですが、1868年の「セーヌ河岸、ベンヌクール」からインスパイアーされて生み出されたという解釈です。ちなみに、同じ名前のルノワールの絵画も存在するが、こちらについては言及されていない。

1866年から10年間、極貧の季節を過ごすことになるモネの覚醒前の絵画をインスピレーションの源に選んだ理由は間違いなく「覚醒前の天才」の香りを生み出したかったことからです。そういった視点で見ると、「睡蓮」シリーズにおいてモネは、もはや天才の円熟期に達しており、この香りのイメージとはかけ離れていると私個人は感じずにはいられません。

このオーデ・コロンは、ファブリス・ペルグランにより調香されました。それは印象派が絵画を描くように、ベルガモット、レモンといったシトラスに、オレンジ・ブロッサムのフローラルと、ローズマリーのグリーン、ヴァイオレットのハーバル、そして、ムスクといった香料を、上に上にと重ねあわせ、香りの境界線をぼかしていく面白さがあります。

オーデコロンには、人間の能力を覚醒させる何かがあるのです。ちなみに、「水」を題材にした香りでありながら、マリンノートが一切使用されていないのもこの香りの特徴です。

スポンサーリンク

香水データ

香水名:オ ボー ド ロー
原名:Au Bord de L’Eau
種類:オーデ・コロン
ブランド:ラルチザン
調香師:ファブリス・ペルグラン
発表年:2017年
対象性別:ユニセックス
価格:100ml/18,700円
公式ホームページ:ラトリエ・デ・パルファム


シングルノート:ベルガモット、レモン、ヴァイオレット、ムスク、オレンジブロッサム、ローズマリー

タイトルとURLをコピーしました