エリザベス・テイラー

エリザベス・テイラー2 『陽のあたる場所』2

    作品名:陽のあたる場所 A Place in the Sun (1951)
    監督:ジョージ・スティーヴンス
    衣装:イーディス・ヘッド
    出演者:エリザベス・テイラー/モンゴメリー・クリフト/シェリー・ウィンタース



    ファッションとは欠点を長所に変える魔法

    tumblr_o7pjojRhT71qd48zdo1_500

    あまり笑顔が似合わないリズ・テイラー。でもそれはそれで可愛い。

    Elizabeth Taylor (Liz Taylor) , Montgomery Clift Directed by George Stevens

    17才とは思えないリズ・テイラーの横顔。

    222fd80da0c1f0960d32cb54ebb9b9a4

    ドレスの最終調整をするイーディス・ヘッド。

    7dbdfe940a7a6720b4559c63b643e459

    イーディス・ヘッドのデザイン画。

    私は私の声が嫌いです。見た目も大嫌い。仕草も大嫌い。演技スタイルも大嫌い。つまり、私が一番嫌いな人間は私なんです。

    エリザベス・テイラー

    よくこういう言い方をする方がいます。「あの人はルックスもいいし、スタイルもいいので何を着ても似合う」と。しかし、現実は、欠点のない裸体など存在しないのと同じように、人間の肉体とは、どこかで釣り合いの取れない部分が生まれてきます。そして、それがまた不完全な美を生み出すものです。

    エリザベス・テイラーは、自分のスタイルにずっとコンプレックスを持っていました。背は157cmと、ハリウッドにおいては極めて低く、浅黒い肌も彼女にとってコンプレックスでした。手足のバランスも悪く、太りやすい体質も彼女にとってのコンプレックスであり、そういった部分をイーディス・ヘッドがデザインしたドレスは、見事に長所に変えたのでした。

    「初めてそれらを忘れさせてくれた」とリズが感謝するほどに、彼女にフィットしたデザインだったのです。そして、イーディスは本作により、第24回アカデミー衣装デザイン賞(白黒)を受賞することになります(8つの受賞のうちの4番目)。

    エリザベス・テイラー・ルック3 ブラックドレス
    • ベルベットの黒のロングドレス。ストラップレス。白いイギリス刺繍の縁取りをバスト周辺に。パールビーズ。ウエストの絞り。バストをリボンバンドで覆う。スカートはフレアに
    • 白ミンクのケープ
    • 黒のロンググローブ
    • 一連の小ぶりなパールネックレス




    1951 elizabeth taylor, a place in the sun

    ワンピース水着の上に着るリゾートウェア。

    pr55984

    当時のモンティの演技は、多くの人々にとって生々しすぎて受け入れがたかった。そして、20年後、彼の演技が主流になった。

    エリザベス・テイラー・ルック4 リゾートドレス
    • キャップスリーブのシャツドレス。トライアングルカラー。ディオールのニュールック的。ベルト付き。膝丈。サーキュラースカート
    • 白のストラップ付きサンダル
    elizabeth-taylor-a-place-in-the-sun-4-e1325666696445

    美脚の作り方。ヒールの高さに頼らず背伸びする感じで・・・

    エリザベス・テイラー・ルック5 エンゼルフィッシュガウン
    • 白のウールのガウン。エンゼルフィッシュのデザイン
    • レースアップハイヒールサンダル
    • 黒のワンピース水着
    elizabeth-taylor-style-a-place-in-the-sun-5-e1325666846713

    1950年代と言えばアリアーヌ巻きです。

    エリザベス・テイラー・ルック6 アリアーヌ巻き
    • ホワイトオーガンジーでおおわれたウールのコート
    • シフォンをアリアーヌ巻き




    ページ:

    1

    2

    スポンサーリンク

    スポンサーリンク

    女性目線の男磨き

    カイエ・デ・モード目次

    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。