エルメス

カラット (マチルド・ローラン)

    香水名:カラット Carat オード・パルファム
    ブランド:カルティエ
    調香師:マチルド・ローラン
    発表年:2018年9月
    対象性別:女性
    価格:日本未発売











    シングルノート:バイオレット(スミレ)、アイリス、ヒヤシンス、イランイラン、スイセン、スイカズラ、チューリップ

    上質な香水には、天然原料が重要なんて、とても時代遅れな考え方よ。天然原料をふんだんに使用したから良い香水ができるなんて考え方はバカげている。世界でもっとも素晴らしい天然原料を使うと素晴らしい石鹸は出来上がるけど、素晴らしい香水は生まれないわ。原料の価値と創造の価値はまったく比例しません。だから私は、ヘッドスペース・テクノロジーを使うのです。

    マチルド・ローラン

    2018年9月10日に発売されるカルティエの新作フレグランスの名前は、ラグジュアリー・ジュエリー・ブランドであるカルティエに相応しい「カラット」(宝石の質量単位)です(日本上陸予定はなし)。

    カルティエの専属調香師であるマチルド・ローランは、常々、ダイヤモンドのような圧倒的な輝きに満ちた香水を作りたいと考えていました。そして、7色に変化するダイヤモンドの如く、7つのフローラルをチョイスして、想像上のダイヤモンドの香りを生み出しました。 バイオレット、アイリス、ヒヤシンス、イランイラン、スイセン、スイカズラ、チューリップ=紫色、藍色、青色、緑色、黄色、オレンジ色、赤色といった具合にです。

    「宝石も香水も、自然から何かを得て、何かを切り取る所は、よく似ているの」と言うマチルド・ローランは、「私は、この世に存在していない革命的なものを創造することに夢中です」と、この香水に対して大いなる自信を持っています。

    カルティエらしい、アールデコ調のスクエアカットを施されたダイヤモンド・ボトルは、香りを度外視しても、持ちたいと願う日本女子が殺到しそうなほどに、乙女心を擽る素晴らしいデザインです。



    関連記事

    1. テオレマ (クリスティーヌ・ナジェル)
    2. オー・ドゥ・シトロン・ノワール (クリスティーヌ・ナジェル)
    3. ダーリン (ティエリー・ワッサー)
    4. フェラガモプールファム (ジャック・キャヴァリエ)
    5. バニラ・ファタール (ヤン・ヴァスニエ)
    6. アクア・アレゴリア・シリーズ2004-2005 (ジャン・ポール…
    7. ベーゼ・ヴォレ (マチルド・ローラン)
    8. デイジー・ドリーム (アルベルト・モリヤス/アン・ゴットリーブ)…

    スポンサーリンク

    スポンサーリンク

    女性目線の男磨き

    PAGE TOP