究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【カルティエ】カルティエ ドゥ リュンヌ(マチルド・ローラン)

カルティエ
©Cartier
カルティエブランドマチルド・ローラン調香師香りの美学
この記事は約2分で読めます。

カルティエ ドゥ リュンヌ

原名:Cartier De Lune
種類:オード・トワレ
ブランド:カルティエ
調香師:マチルド・ローラン
発表年:2011年
対象性別:女性
価格:日本未発売

スポンサーリンク

月に光に照らされたお花畑の香り

©Cartier

©Cartier

ドビュッシーの名曲「月の光(クレール・ドゥ・リュンヌ)」をモチーフにしたフレグランス。その名も「月のカルティエ」。

フローラル・ウッディ・ムスクの香りは、カルティエの専属調香師マチルド・ローランによる調香です。

〝月の光に照らされたお花畑が魅せる官能の一面〟=ミステリアスな花々のきらめきを表現しようという狙いのフレグランスですが、実際のところは、マチルド・ローランにしては、珍しく、一般的な日本人女性に愛されそうな〝優しいフローラル〟フレグランスになっています。

ローズを中心にフローラルの多面性が、決して明るさと甘さを、突出しすぎることなく発散させてくれます。まだまだ香りに対して保守的な日本には、好まれる香りです。ロマンティックではあるが、ありきたりなロマンティックな香り。ムーンライトブルー・カラーのボトルのシルバーのメタル・キャップには、三日月と真珠が刻まれています。

キャンペーン・モデルは、ハンガリー出身のファッション・モデル・バルバラ・パルヴィン(1993-)が起用されました。

スポンサーリンク

香水データ

香水名:カルティエ ドゥ リュンヌ
原名:Cartier De Lune
種類:オード・トワレ
ブランド:カルティエ
調香師:マチルド・ローラン
発表年:2011年
対象性別:女性
価格:日本未発売


トップノート:ピンク・ペッパー、ジュニパー・ベリー
ミドルノート:スイカズラ、ローズ、スズラン、シクラメン
ラストノート:ウッディ・ノーツ、ムスク

タイトルとURLをコピーしました