究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【ブルガリ】ブラック(アニック・メナード)

アニック・メナード
アニック・メナードブランドブルガリ調香師香りの美学
この記事は約5分で読めます。

ブラック

原名:Black
種類:オード・トワレ
ブランド:ブルガリ
調香師:アニック・メナード
発表年:1998年
対象性別:ユニセックス
価格:40ml/7,800円、75ml/9,500円

ブルガリ ブラック オードトワレ 1.5mL ★ ブランド 香水 お試し アトマイザー ミニ サンプル

価格:790円
(2021/5/25 18:51時点)
感想(6件)

スポンサーリンク

世界初のアーバン・ノートの誕生


何よりも斬新なバニラのブレンドによって香水業界を震撼させた香りです。

ネオンが煌く大都会の上空から、1,000機ものヘリコプターを動員し、消火用ホースでバニラをぶちまけたような香りです。

大都会に生きる男性を捉えた香りとして、アスファルト・ジャングル、車のタイヤのゴム、無機質な鉄骨、高級ホテルのフロント、安酒場の煙草の煙、都会の騒音、24時間眠らない建物から漂う汚臭といったもの全てを濃縮したフレグランスが「ブラック」です。

Styx – Mr. Roboto (Official Video)

それは嗅覚のピラミッドを無視した香りであり、バーストするベルガモットが、すぐにブラックティーとロージィなレザーと絡み合い、ほのかなタバコに包まれたスモーキーさに香りが支配されます。「ドモアリガトミスターロボット」というフレーズこそがこの香りの世界観を見事に表しています。無機質でありながらメロディアスこそが「ブラック」の真骨頂なのです。

そして、アンバー、ムスク、バニラ、オークモスのベースに包まれるようにラバーの香りが言葉の領域を越えた、科学の領域か芸術の領域か確定しがたい不確実さでその存在感を万華鏡(もしくは顕微鏡越しの化学反応)のように変化していくのです。

その主犯は間違いなくブラックティーに含まれるグアイアコールとピラジンです。彼らが、バニラをはじめとするベースとブレンドされとんでもない相性の良さを人肌の上で示していくのです。

幸せな人よりも、ブラックという響きが似合う男女に合うユニセックス・フレグランスです。

ラプサンスーチョンとは、中国福建省武夷山市周辺で生産される中国名を正山小種と呼ぶ中国紅茶であり、正露丸の主成分であるクレオソートの香りに似ています。

大都会の中で孤独の甘さに涙する香り


タイヤのような武骨なボトル・デザイン(ホッケーパックにも見える)は、ティエリー・ドゥ・バシュマコフによりデザインされました。発売当時はとてつもなくクールなデザインでしたが、包装デザインがとんでもなくチープであり、つい数年前までは、ドラッグストアのディスカウントと、安っぽい細身のスーツに派手な髪型の大都会の若者達から香り立つイメージに成り下がっていた〝不運の名香〟でした。

ボア ダルジャン」にしてもそうなのですが、アニック・メナードという調香師には〝不運〟という言葉がとても似合います。そんな過小評価を受けている〝不運の女王〟に相応しい代表作、それがブルガリ・ブラックなのです。

恐らくこの香りが、2007年にトム・フォードから、しかるべきボトル・デザインで発売されていたならば、その歴史的評価は変わったものになったでしょう。

ルカ・トゥリンは『世界香水ガイド』で、「ブラック」を「ホット・ラバー」と呼び、「歴史的にも最高峰の香水の中に、2つの対照的な材料が、不安定な基礎に乗っているタイプがある。「ハバニータ」のバニラとベチバー、「シャリマー」のシトラスとアンバーなどがそうだ。不安定なことが情緒の音域を広げ、ときによって、気分によって違った香りになる。まるで香水が話しかけてくるように、それは美しいだけでなく興味深い。」

「対照的な2つのアコードが使い古されてしまったとき、アニックは数をひとつ増やして3つにする方法をとった。こうしてブラックは3本の斧を引っさげて大胆に宇宙に飛び出す。大きくしっかりした、甘いアンバーの香り、次は50年代の「ジュ ルビアン」のフローラルノート(ベンジルサリチレート、銀行家のデスクライトほどグリーン)もどき、最後に苦くパウダリーで新鮮なゴムのアコードで、タイヤの修理中の香りだ。ブラックを身につけると、それら3種のメロディーが、完全な対位法であなたを包む。」

「この香水の構造の驚くべきところは、トップノートもドライダウンも存在しないことだ。メナードはうまく香水の時間にまかせてハーモニーを作り、そこに小さなバリエーションをもたせるようにした。ときによって、ブラックはアマゾンの戦いの歌にもなれば、オペラ座の椅子のエメラルドグリーンのビロードにも、そうかと思えばただ甘くにこやかにもなる。」

「奇抜で現代的でありながら、伝統的な香水に見られるしっかりした骨格と、きめ細かな肌をもっている。努力で古典的な名作になる香水もあるが、ただ、そう生まれるものもある。一夕をブラックと共に過ごせば、おわかりになるだろう。その場所は「バンディット」「タバブロン」「カボシャール」とともにあることがー自由で伝統にとらわれない、偉大な香水だ。」と5つ星(5段階評価)の評価をつけています。

スポンサーリンク

香水データ

香水名:ブラック
原名:Black
種類:オード・トワレ
ブランド:ブルガリ
調香師:アニック・メナード
発表年:1998年
対象性別:ユニセックス
価格:40ml/7,800円、75ml/9,500円


トップノート:ブラックティー(ラプサンスーチョン)、ベルガモット、ローズ
ミドルノート:サンダルウッド、シダー、ジャスミン、ラバー
ラストノート:レザー、アンバー、ムスク、バニラ、オークモス

ブルガリブラックオードトワレ40mlEDTメンズレディース

価格:4,362円
(2021/5/25 18:54時点)
感想(18件)

ブルガリ ブラックEDT 75ml(オードトワレ) 【香水】【宅配便送料無料】 【あす楽対応_関東】(6002686)

価格:7,923円
(2021/5/25 18:56時点)
感想(43件)

タイトルとURLをコピーしました