究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【セルジュ ルタンス】キュイールモレスク(ムーアの伝説)(クリストファー・シェルドレイク)

クリストファー・シェルドレイク
クリストファー・シェルドレイクセルジュ・ルタンスブランド調香師香りの美学
この記事は約5分で読めます。

キュイールモレスク(ムーアの伝説)

原名:Cuir Mauresque
種類:オード・パルファム
ブランド:セルジュ・ルタンス
調香師:クリストファー・シェルドレイク
発表年:1996年
対象性別:ユニセックス
価格:100ml/35,200円
公式ホームページ:セルジュ・ルタンス

スポンサーリンク

天国にいちばん近いオリエンタルレザーの香り

©2015-2021 NATIONAL GEOGRAPHIC PARTNERS, LLC

地上の楽園を残していく、と言って、ムーア人はアンダルシアを去った。残ったのはその伝説の香りだけ…アカシアの樹皮でなめされた、エレガントで洗練された皮。その香りは私たちをいにしえの征服の豊かさ、文化、洗練の神話へと誘う。

セルジュ・ルタンス公式サイトより

セルジュ・ルタンスは、1992年に元々書店があった場所に、レ・サロン・デュ・パレロワイヤル・シセイドーをオープンしました。そのオープンに合わせ「フェミニテ デュ ボワ」を含む五つの香りが発売されました。

そして、1996年に発売されたのが「キュイールモレスク」でした。フランス語で〝ムーア人の革〟の意味を持つアニマリックレザーのこの香りは、クリストファー・シェルドレイクにより調香されました。

元々この香りは、パレ・ロワイヤル本店だけで取り扱われている「レフラコンドターブル」コレクションのひとつでしたが、2018年11月に限られた店舗でのみ販売される「グラットシエル コレクション」がスタートし、こちらに組み込まれることになりました。

〝ムーア人の革〟。このムーア人とは、古代ローマの属州だった北アフリカのベルベル人を指す呼称です。711年にウマイヤ朝のベルベル人指揮者ターリク・イブン=ズィヤード率いるムスリム軍が西ゴート王国を滅亡させ、イベリア半島を占領し土着したことからムーア人と呼ばれるようになりました。

イベリア半島のグラナダ(アルハンブラ宮殿が有名)を中心に、ウマイヤ朝、後ウマイヤ朝、ズィール朝、グラナダ王国、ムラービト朝、ムワッヒド朝、ナスル朝といったイスラム王朝が栄えたのですが、1492年1月2日にスペイン王国に征服され、ムーア人は、イベリア半島を去るのでした。

この出来事にインスパイアされ生み出されたのがこの香りです。

ムーア人が去り、スペインのアンダルシアに残されたのは伝説の香りだけでした。それはアカシアの樹皮でなめされた、洗練された皮の香りでした。

スポンサーリンク

1492年、コロンブスは新大陸を発見した。

私自身はめったに香水を身に纏いません。そんな私が身に纏う数少ない香りは、「キュイールモレスク」です。それはアカシアによってなめされたコードバーンのような香りがするからです。

セルジュ・ルタンス

風光明媚なイベリア半島から砂漠の地へと去るムーア人の悲哀に満ちた後姿(ウードとインセンスが私たちを呼んでいる!)を想わせるこの香りは、ジューシーなマンダリンオレンジが、甘やかな哀愁のアンバーの樹脂の中に溶け込んでいくようにしてはじまります。

すぐにこの香りの名脇役とも言えるジャスミンとオレンジ・フラワーによるフローラルブーケに香り全体は包み込まれてゆき、うっとりするような甘美な輝きが加わります。

そして、ほぼ時を同じくして、ナツメグ、クミン、シナモン、クローブといったスパイスが、オレンジピールと結びつき、熟したスパイシーなアプリコットのようにバターの滑らかさを湛えながらアニマリックなシベットと結びついてゆくのです。

アンバリーフローラルブーケとアニマリックスパイシーの衝突が生まれたとき、そこに柔らかなレザーが威風堂々と到来するのです。それは肌に馴染むレザーではなく、レザーのクリーミーな渋さに肌が支配されていくようです。

やがて、スモーキーなウードとインセンスの風に乗り、温かなミルラと甘いシダーが、スパイシーなレザーに注ぎ込まれ、より滑らかな生命力に満ちてくるのです。それは、まさにグラナダが陥落した1492年にスペイン王国の支援によりコロンブスがアメリカ大陸=新大陸を発見したように、新しい希望を予感させる温かなレザーの余韻のようです。

この香りの最も魅力的なところは、甘やかなスパイスレザーのそう遠くない場所で吼えている獣の気配を最初から最後まで感じることができるところにあります。そのムスクとシベットが、甘い罠にかかり、飼い慣らされていくように官能的な魅惑の輝きを肌の上で解き放つのです。

タニア・サンチェスは『世界香水ガイド』で、「キュイールモレスク」を「スイートレザー」と呼び、「優れたレザー調の古典であるキャロンの「タバ ブロン」にルタンスの手が加えられるとどうなるか。より透き通って、ジャスミンとドライフルーツの甘みをもったものになる。」

「いい香りだけれど何かもの足りなくて、たとえば「クニーシュ テン」には及ばない。」と3つ星(5段階評価)の評価をつけています。

スポンサーリンク

香水データ

香水名:キュイールモレスク(ムーアの伝説)
原名:Cuir Mauresque
種類:オード・パルファム
ブランド:セルジュ・ルタンス
調香師:クリストファー・シェルドレイク
発表年:1996年
対象性別:ユニセックス
価格:100ml/35,200円
公式ホームページ:セルジュ・ルタンス


シングルノート:ムスク、アフリカン・オレンジフラワー、ヴァージニア産シダー、アンバー、ナツメグ、クローブ、シナモン、スティラックス、インセンス、ジャスミン、マンダリン・オレンジ、ミルラ、シベット、キャラウェイ、レザー、アガーウッド(ウード)、アロエウッド

タイトルとURLをコピーしました