究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【ランコム】ミラク ソー マジック!(アニック・メナード)

アニック・メナード
©LANCOME
アニック・メナードブランドランコム調香師香りの美学
この記事は約3分で読めます。

ミラク ソー マジック!

原名:Miracle So Magic!
種類:オード・トワレ
ブランド:ランコム
調香師:アニック・メナード
発表年:2004年(日本販売終了)
対象性別:女性
価格:50ml/7,000円

スポンサーリンク

10代の少女のための「魔法のミラク」

©LANCOME

©LANCOME

2000年にランコムから発売された〝奇跡の香り〟=「ミラク」。この香りは、10代後半の少女たちをターゲットにした「ティーンエイジャーのためのミラク」です。名づけて「ミラク ソー マジック!=魔法のミラク」は、2004年にアニック・メナードにより調香されました。

キャンペーン・モデルとして、ミック・ジャガーとジェリー・ホールの娘エリザベス・スカーレット・ジャガー(1984-)が起用されました。

ビジュアル・イメージが全てを物語るように、光沢のあるキャンディカラーが少女たちに愛された時代の香りです。

スポンサーリンク

ジューシーチューブ世代のためのミラク

©LANCOME

この香りのターゲットは、「ジューシーチューブ」世代です。

「ジューシーチューブ」とは、2000年に発売され、アメリカのスクールカーストの上層に位置する美少女たちを魅了したリップグロスです。そのチューブの形状と、キャンディテイストの斬新さで瞬く間に世界中の少女たちを虜にしました。

特にアメリカでは大流行し、少女たちは、放課後、20ドルを握り締めショッピングモールのランコム・カウンターに殺到したのでした。

一方、日本においても上陸と同時に、当時のギャル達が、109スタイルに即効取り入れたのでした(2016年に発売された「ジューシー シェイカー」にバトンタッチする形で、2018年に販売終了しました)。

この当時の10代の少女にとって、ブリトニー・スピアーズや浜崎あゆみのような少し背伸びしたギャルこそが崇拝の対象でした。そして、この香りは、ローズを取り囲むグリーンとフローラルのほど良いバランスで、(15歳なのに、ド派手なメイクと服装で)背伸びしたギャルたちの大人びたムードを、その背景に絶妙なチープさを混在させながら香り立たせているのです。

スポンサーリンク

香水データ

香水名:ミラク ソー マジック!
原名:Miracle So Magic!
種類:オード・トワレ
ブランド:ランコム
調香師:アニック・メナード
発表年:2004年(日本販売終了)
対象性別:女性
価格:50ml/7,000円


トップノート:ピンクペッパー、ヴァイオレット、ヘーゼルナッツ
ミドルノート:ジャスミン、水仙、ローズ、スズラン、クローバー
ラストノート:ムスク、ヴァージニア・シダー、アンバー、バニラ

タイトルとURLをコピーしました