究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【キリアン】プレリュード トゥー ラブ(カリス・ベッカー)

カリス・ベッカー
カリス・ベッカーキリアンブランド調香師香りの美学
この記事は約5分で読めます。

プレリュード トゥー ラブ

原名:Prelude to Love
種類:オード・パルファム
ブランド:キリアン
調香師:カリス・ベッカー
発表年:2008年
対象性別:ユニセックス
価格:日本未発売

By Kilian バイキリアン プレリュード トゥーラブ インヴィテーションオー ド パルファム レフィル PRELUDE TO LOVE INVITATION EDP REFILL 50ml

価格:32,000円
(2021/4/7 10:55時点)
感想(0件)

スポンサーリンク

愛につながらない最初のキスを乗り越えて

この破壊力!

キリアン・ヘネシーは2007年10月に「バイ・キリアン」(現在は「キリアン」)という名でブランド創業するにあたり、6作品からなるコレクション「ルーヴル ノワール —愛が描く甘い誘惑の世界—」を発表しました。このコレクションは、三つのテーマに分けられています。

そして、2008年に7つ目の香りが誕生しました。「プレリュード トゥー ラブ(恋の前兆、または、愛の前奏曲)」には「invitation(誘惑)」という副題がついています。Les Ingenues(無邪気な者たち、ポール・ヴェルレーヌの詩)のテーマで生み出された、初めて誘惑する女性のための香水です。一言で表すならlove(愛)です。カリス・ベッカーによる調香です。

この香りを身に纏う女性は、優しさを具現化したような女性です。若者のように振る舞いながら、すでに女性としての策略をいかに為すかを知っています。彼女の罪は、単に、キスをして去っていくことだけなのです。

キリアン・ヘネシー

ちなみに、この香りはアルチュール・ランボー(1854-1891)の詩「朝の思い」にインスパイアされています。

夏の朝、四時、
愛の睡気がなおも漂う
木立の下。東天は吐き出だしている
楽しい夕べのかのかおり。

だが、彼方、エスペリードの太陽の方、
大いなる工作場では、
シャツ一枚の大工の腕が
もう動いている。

荒寥たるその仕事場で、冷静な、
彼等は豪奢な屋敷の準備
あでやかな空の下にて微笑せん
都市の富貴の下準備。

おお、これら嬉しい職人のため
バビロン王の臣下のために、
ヴィーナスよ、偶には打棄るがいい
心驕れる愛人達を。

おお、牧人等の女王様!
彼等に酒をお与えなされ
正午、海水を浴びるまで
彼等の力が平静に、持ちこたえられますように。

中原中也訳

愛のはじまりのオーデコロン


キリアンは、この香りからは絶対に官能的なムードを排除して欲しいとカリス・ベッカーにお願いしたことでしょう。つまりは「ラブ ドント ビー シャイ」において〝恋のはじまり〟を表現出来ていないと感じていたのでした。最初の恋に〝誘惑〟は存在しないはずなのです。

どのような愛であろうとも、それが悲劇に終わろうとも、その始まりはとても魅惑的なものです。テーマは「禁じられた恋」。まるで恋に落ちる瞬間を再現しているかのようにグリーンが際立つベルガモットとオレンジ、レモンがスパークリングするように煌きながらこの香りははじまります。

まるでスプレーから飛び出す〝幸せ〟のようです(それはヘスペリデスの園にあるヘーラーの果樹園からやって来た恋の贈り物のように)。

この香りのシトラスは全てイタリア&スペイン産の最上級のものです。特にレモンは、スフマトリーチェという圧搾法によって製造されたコールドプレスオイルであり、いわゆるORPURです(ORPURが後ろについているものは、ジボダンの極めつけの天然香料である)。

激しい〝愛のシトラスの調べ〟が落ち着くにつれ、オレンジ・ブロッサムが、ジンジャーとピンクペッパーによって甘い光沢と熟成を与えられてゆきます。そして、フィレンツェ産のアイリスが、レザーの質感を加えつつ、温かく柔らかな伴奏を奏で、浮遊するような愛の世界に導いてくれるのです。

ここから香りは、オレンジ・ブロッサムの透き通るような青空に、虹のように、輝きに満ちた色々な花々(ローズ、フリージア等)が、新鮮な緑の茎を思い起こさせる自然なハーブと重なり合い、現れ消えてゆきます。

それはまるでこの恋が、一目惚れとは異なり、長時間かけて誘惑され、ロマンスへと誘われたことを伝えてくれているようです。特にラベンダーORPURとネロリORPURが、ハーバルとフローラルの駆け引きの牽引力となり、オレンジ・ブロッサムに奥行きを与えてゆきます。

やがて、シプリオールとムスクが織り成す仄かにスモーキーなグリーンウッディなドライダウンが、最初から最後まで尽きぬ強いシトラスの高揚感を、肌の上にソーピィーな清潔感とともに残してくれます。

何よりも恐ろしいのは、あなたの〝はじめての恋〟を想い出させる香りでありながら、最後のウッディアンバーノートの部分が、実はあなたの〝はじめての恋〟の相手は策略家で、そのように振る舞っていただけだったのかもしれないという含みを持たせているところにキリアンらしさが集約されているのです。

アクア・ディ・パルマの「イリス ノビレ」とよく比較される香りです。

ルカ・トゥリンは『世界香水ガイド』で、「プレリュード トゥー ラブ」を「アイリス・レモン」と呼び、「バカげた名前はさておいて、これは落ち着きのある洒落たモーニングコロン。アイリスをアクセントにミュグレーの「エイリアン」を化粧張りした感じ。お風呂に入って体をしっかり洗った後のさっぱりした気分。」と3つ星(5段階評価)の評価をつけています。

スポンサーリンク

香水データ

香水名:プレリュード トゥー ラブ
原名:Prelude to Love
種類:オード・パルファム
ブランド:キリアン
調香師:カリス・ベッカー
発表年:2008年
対象性別:ユニセックス
価格:日本未発売


トップノート:セビリア産オレンジ、ベルガモット、アマルフィ・レモン、ビターオレンジ
ミドルノート:オレンジ・ブロッサム、ネロリ、ラベンダー、フリージア、ローズ、カルダモン、ピンクペッパー
ラストノート:アイリス、シプリオール、ロシアン・レザー、ムスク

By Kilian バイキリアン プレリュード トゥーラブ インヴィテーションオー ド パルファム レフィル PRELUDE TO LOVE INVITATION EDP REFILL 50ml

価格:32,000円
(2021/4/7 10:55時点)
感想(0件)

タイトルとURLをコピーしました