ダイアン・キートン

【アニー・ホール】ダイアン・キートンによるファッション革命

【アニー・ホール】

Annie Hall ウッディ・アレンという監督が生み出した新しいコメディ。チャールズ・チャップリンが大絶賛したこの作品の名前は『アニー・ホール』。この名前は、ダイアン・キートンの本名であるダイアン・ホールと、彼女の幼少期からの愛称であるアニーを組み合わせたものでした。

彼女がプライベートにおいても愛用していたラルフ・ローレンのメンズ・ウェアを女性が着るという発想が、公開当時「アニー・ホール・ルック」として大流行しました。このスタイリングは、21世紀に入ってもなおメンズライク、もしくはトムボーイといった言葉と共に、オシャレな女性の必須スタイリングとして定着しています。

anniehall

ニューヨークを舞台にスタンダップ・コメディアンのアルビー・シンガー(ウッディ・アレン)と歌手の卵アニー・ホール(ダイアン・キートン)の数年に渡る恋愛関係。それは、口論し、別れ、そして、仲直りすることの繰り返しでした。そんな二人の関係は、アニーが、レコードデビューするためにハリウッドに引っ越したため、終止符が打たれることになります。しかし、どんな女性と付き合っても、アニーが忘れられないアルビーは、ニューヨークから大嫌いなハリウッドまで飛行機で飛んで行き、アニーにプロポーズする行動に出たのでした。

二人の男女が出会い、たとえ別々の人生を歩んでいこうとも共に過ごした日々は、永遠の宝物なのです。この作品が、後のファッション・シーンに与えた影響は、ただ一言、革命的でした。そのポイントは、以下の4点に集約されます。

  1. アニー・ホール・ルックという、ラルフ・ローレンのメンズ・ファッションを女性が着るという斬新さ
  2. パンツのスタイリングの教科書
  3. ベージュのメンズライクなスーツの見事な着こなし、70年代のディートリッヒ
  4. 二人のアイウェアの使い方のオシャレさ

この作品で、ダイアン・キートンは、第50回アカデミー賞主演女優賞受賞を受賞しています。ちなみにこの作品は、最優秀作品賞、監督賞、脚本賞も受賞しています(アレンはアカデミー賞への出席をボイコットした)。つまりこの作品は、ファッションシーンのみならず、1978年に、世界的なアニー・ホール・シンドロームを巻き起こしたのでした。

作品データ

作品名:アニー・ホール Annie Hall (1977)
監督:ウディ・アレン
衣装:ルース・モーリー
出演者:ウディ・アレン/ダイアン・キートン/クリストファー・ウォーケン

スポンサーリンク

最新の投稿

更新カレンダー

2020年1月
« 12月  
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 

ファッションアイコン(女優編)

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。