ロバート・レッドフォード

ロバート・レッドフォード3 『華麗なるギャツビー』7(2ページ)

    作品名:華麗なるギャツビー The Great Gatsby (1974)
    監督:ジャック・クレイトン
    衣装:セオニ・V・アルドリッジ
    出演者:ロバート・レッドフォード/ミア・ファロー/ロイス・チャイルズ/サム・ウォーターストン/ブルース・ダーン/カレン・ブラック



    ロンドン・ストライプのクレリックシャツのすすめ

    大人の男なら、このシャツは一枚は持っていたい。

    ロンドンストライプにとって、生地が命だと分かるフォト。

    ベストとの相性も抜群です。このシーンはチョークストライプのダークネイビーのラペルつきベストとトラウザーです。

    ジェイ・ギャツビー・ルック6 ロンドンストライプ・シャツ
    • 白の襟に白とスカイブルーのロンドンストライプのクレリックシャツ
    • 白のスラックス
    • 白のレザーシューズ

    「過去はくりかえせない?」そんなことがあるかどうかという調子で彼(ギャツビー)の声は大きくなった「もちろん、くりかえせますよ!」・・・「わたしは、何もかも、前と全く同じようにしてみせます」断固としてうなずきながら彼は言った「あの人にもいまにわかります」

    『華麗なるギャツビー』F・スコット・フィッツジェラルド

    ジェイ・ギャツビーを演じる俳優は、この台詞を言うがためにこの役を演じているようなものなのです。そして、過去を繰り返そうと、至福の瞬間を過ごすギャツビー=レッドフォードが着るロンドンストライプが美しいです。

    ロンドンストライプほどクレリックシャツとの相性が良い柄もありません。逆に言うと、襟までロンドンストライプだと、野暮ったく、もしくは、重くなってしまいます。



    さりげなく肩がけスタイル


    ジェイ・ギャツビー・ルック7 アイビールック
    • アイビー・セーター(肩がけに)
    • 白とスカイブルーのクレリックシャツ
    • 白のスラックス




    ギャツビーのパーティスタイル

    隣のミア・ファローのフラッパー・ドレスが美しい。

    非常に珍しい黒のジャケットに白のボウタイのアンサンブル。

    ジェイ・ギャツビー・ルック8 パーティ・スタイル
    • ミッドナイト・ブルーのイブニング・テールコート、サテンシルクのワイド・ピーク・ラペル、ストロング・ショルダー、ダブル
    • ホワイト・リネン・カーチーフ
    • ホワイト・シルクボウタイ
    • 白のダブルのキルティングベスト、4×2ボタン
    • 白のフロントプリーツコットンシャツ、着脱可能なウィングカラー、ダイヤモンドスタッズ・ボタン
    • 赤エナメルのカフリンクス
    • ミッドナイトブルーのフォワード・プリーツ・トラウザー
    • ブラック・パテントレザー・バルモラル

    70年代は、長髪の時代でした。そんな中で、20年代風の短髪の男性のエキストラを探すのは大変でした。そのため、規律のある行動が取れ、スタイルも良く、いい意味で時代から取り残されていて、かつ短髪という好条件を兼ね備えるアナポリスの海軍兵学校からエキストラを募りました。

    更に、地元紙に広告を出して、夏の住人の富豪階級の人々からエキストラが募集され、ひと晩20ドルで250名から500名の人々が参加しました。金をかけずに贅沢なご馳走を準備するために、どの料理にも悪趣味の極致とばかりにグレーズ(艶出し)でテカテカに光らせられ、ハエを除けるために料理には毎晩、殺虫剤がまかれた。そして、週の終わり頃には悪臭が漂い、風下に立った者たちはハンカチーフで鼻を抑えずにはいられないほどでした。



    ページ:

    1

    2

    スポンサーリンク

    スポンサーリンク

    女性目線の男磨き

    カイエ・デ・モード目次

    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。