究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【エルメス】ヴァンキャトル フォーブル オーデリカート(ジャン=クロード・エレナ)

エルメス
©Hermès
エルメスジャン=クロード・エレナブランド調香師香りの美学
この記事は約5分で読めます。

ヴァンキャトル フォーブル オーデリカート

【特別監修】カイエデモードが崇拝するフレグランス・スペシャリスト様

原名:24,Faubourg Eau Delicate
種類:オード・トワレ
ブランド:エルメス
調香師:ジャン=クロード・エレナ
発表年:2003年
対象性別:女性
価格:100ml/18,150円
公式ホームページ:エルメス

スポンサーリンク

「地中海の庭」と同じ年に発売された「もうひとつの地中海の香り」

©Hermès

1995年に、本社の住所であるフォーブル・サントノーレ通り24番地(24,Faubourg)の名を冠したフローラルシプレの香り「ヴァンキャトル フォーブル」が、モーリス・ルーセルの調香により生み出されました。

『地中海、太陽、海』をテーマに生み出された〝光の香水〟の重厚さを、軽やかさとフレッシュな精神で表現すべくエルメスの専属調香師になる前夜の2003年にジャン=クロード・エレナによってアレンジされたのが「ヴァンキャトル フォーブル オーデリカート」です。

〝オー デリカート〟とは、フランス語で〝優美なる水〟という意味です。この香りは、「地中海の庭」と同時に生み出された「もうひとつの地中海の香り」です。

スポンサーリンク

知る人ぞ知るエルメスの『隠れた名香』

フレグランス・スペシャリスト様がこの香りからイメージする絵。

フレグランス・スペシャリスト様がこの香りからイメージする絵。

以下、この香りを愛する、カイエデモードが崇拝するフレグランス・スペシャリスト様のお言葉を頂きました。彼女はこの香りが発売された当時、うめだ阪急に存在したエルメス香水カウンターのすぐ隣のブルーベルのブルガリ香水カウンターで働いていました。

私がまだ香水販売の仕事に従事しはじめた頃、衝撃を受けた香りが二つありました。それは、お隣のエルメス香水カウンターから香り立つ「地中海の庭」と「ヴァンキャトル フォーブル オーデリカート」でした。

オリジナルの香り自体もとても素敵な香りなのですが、この「オーデリカート」の心地よい春風のような香りにすっかり魅了されてしまいました。純白の風で揺れるお花のような、儚げで優しい香りの印象が私の「オーデリカート」のイメージです。

ひけらかすように宝石やブランド品で重装備せずとも、白いワンピースとパラソルで佇んでいるだけで、ケリーバッグが寄り添ってきそうな、気品を感じさせる香りです。エルメスの究極の理念である〝控えめなエレガンス〟を伝えてくれる『隠れた名香』だと思います。

オリジナルでヒヤシンスをエスコートしていたオレンジ・ブロッサムがこの香りの主役となります。あのエスコートしていた眉目麗しい男性が、さっと自分の邸宅に戻り、服を脱ぐと、実は彼は、男装の麗人だったのです。

そんな清らかで美しい彼女=オレンジ・ブロッサムが、白いコットンのワンピースを着て、麦わら帽子をかぶり、すっかり寛いだ気分で、お花畑の中を少女のように駆け抜けるのです。まさにエレガンスを軽快に運んでくれるようにしてこの香りははじまります。

宝塚の男役の女優さんが、プライベートで太陽の下で思いっきり女盛りを開花させているように、圧倒的に健やかな空気を運んでくれるようです。

すぐに、生き生きと可憐なるジャスミンと、レモンとグリーンが香るゼラニウムが甘さと青さと酸っぱさの絶妙な調和を生み出しながら、ベイリーフのアロマティックなそよ風に乗ってやって来るのです。

キラキラと輝くようでありながら、しっとりと落ち着いている隙のない美しい横顔が、ふいにこちらを向き、はにかみながら笑顔を見せた瞬間、ムスクの風が麦わら帽子を飛ばしてしまい、彼女の髪は風にそよぐ。その風に乗ってやってくる匂い。それが〝優美なる水〟なのです。

シンプルな装いに、奥ゆかしい仕草。でありながら、はっきりとそこには気高さがあります。

果たして、並び立つ清潔感に満ちたホワイトフローラルの香りとこの香りの違いは何なのでしょうか?そんなエルメス×エレナが生み出すラグジュアリー感の隙のなさを最も良く伝えてくれる香りです。

この香りには、最初から最後まで、ほろ酔いにさせる幸福感と陽気さがあり、そこはかとなくエルメスの刻印が押されているのです。

風になびく、光のカレ(シルク・スカーフ)をモチーフに作られたオーロラカラーの印象的なボトル・デザインはセルジュ・マンソーによるものです。

スポンサーリンク

「地中海の庭」との比較

©Hermès

『地中海、太陽、海』をテーマにしているエルメスの香りですが、私が愛する「地中海の庭」とはまた違った〝地中海〟を感じます。

「地中海の庭」で強く感じる〝生き生きとした〟〝緑が生い茂る〟といった青々とした印象は無く、〝午後のひととき、優しい木漏れ日の下でゆったりと流れる時間〟のようなものを感じます。

豊かな自然の中に身を置いて、ゆっくりと時間が流れているような。まるで水彩画のひと時を香りで表現したかのような印象が「オーデリカート」にはあります。

スポンサーリンク

香水データ

香水名:ヴァンキャトル フォーブル オーデリカート
原名:24,Faubourg Eau Delicate
種類:オード・トワレ
ブランド:エルメス
調香師:ジャン=クロード・エレナ
発表年:2003年
対象性別:女性
価格:100ml/18,150円
公式ホームページ:エルメス


シングルノート:オレンジ・ブロッサム、ジャスミン、ゼラニウム、ベイリーフ、ムスク、サンダルウッド

タイトルとURLをコピーしました