カルティエ

ロードスター (マチルド・ローラン)

スポンサーリンク

香水名:ロードスター Roadster オード・トワレ
ブランド:カルティエ
調香師:マチルド・ローラン
発表年:2008年
対象性別:男性
価格:日本未発売

カルティエ CARTIER ロードスター EDT SP 100ml 【訳あり・テスター・未使用品】Cartier Roadster【あす楽対応_14時まで】【香水 ブランド 人気 ギフト 誕生日 プレゼント】

価格:3,974円
(2019/8/7 19:26時点)
感想(1件)




★★★☆☆ ぬくもりのあるミント

オーダーメイドの香水部門で、2年間おとなしくしていたカルティエのお抱え調香師マチルド・ローランが、再び量産品部門に戻ってきた。今回の狙いは、どうやら「新しいフレッシュさ」らしい。トップノートにミントを使うアイデアだが、これは香水業界では禁じ手だ。練り歯磨きだと揶揄されるに決まっているからだ。それにミントは扱いにくい、メントールノートは冷却剤で、ほんの一瞬しかもたないが、それ以外のミントアブソリュートとメントール結晶などはもっとハーブ的だ。仮にもメントールをリナロールほど持続させることができれば、「ジッキー」(ゲラン)をラベンダーではなくミントで調香することも可能だったかもしれない。だが、それは不可能。私はロードスターを口の中にスプレーしてみたが、ほとんどメントールは感じられなかった。とはいえ、トップノートには一瞬の際立ったフレッシュがあり、そこからめまぐるしく展開する。まず輝くシダーウッドが眉間のしわと金時計の男らしさを表し、次にローレンが夕日の燃える輝きをブレンドしたかのように、彼女の「アトラプ・クール」を思わせる「アンブル83」の温かみが出てくる。全体的によくまとまって、現在の男性用香水の状況から見たら、ビジネスクラスへのアップグレードに等しい。それでも私はもっといいものを期待していた。― ルカ・トゥリン

『「匂いの帝王」が五つ星で評価する世界香水ガイドⅡ』ルカ・トゥリン/タニア・サンチェス 原書房

トップノート:ベルガモット、ミント
ミドルノート:ラベンダー、パチョリ
ラストノート:カシミヤ・ウッド、バニラ

1998年に発売された「デクラレーション」から、10年ぶりにカルティエが発売した男性用フレグランスです。2001年に発表され大人気となった紳士用腕時計「ロードスター」(現在は生産終了)をモチーフに作られました。そのため、キャップデザインは、時計の竜頭モチーフです。

カルティエ専属調香師であるマチルド・ローランによる調香の、アロマティック・フゼアな香りです。爽快感溢れるベルガモットとミントの香りから始まり、やがて、森林の中で瞑想しているようなグリーンノートに包まれていきます。そして、ラストは、ウッディとバニラの優しい甘みが森林を温かく包み込んでいきます。

カルティエ ロードスタ― オードトワレ 4ml CARTIER ROADSTER EDT

価格:1,684円
(2019/6/13 08:15時点)
感想(0件)

スポンサーリンク

最新の投稿

更新カレンダー

2019年8月
« 7月  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

ファッションアイコン(女優編)

PAGE TOP