究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【アエデス デ ヴェヌスタス】パリサンドルゥ ドール(アルベルト・モリヤス)

その他
その他 アルベルト・モリヤス ブランド 調香師 香りの美学
この記事は約3分で読めます。

パリサンドルゥ ドール

原名:Palissandre d’Or
種類:オード・パルファム
ブランド:アエデス・デ・ヴェヌスタス
調香師:アルベルト・モリヤス
発表年:2015年
対象性別:ユニセックス
価格:100ml/29,700円
販売代理店ホームページ:伊勢丹オンライン・ストア

スポンサーリンク

逆回しの香り


1995年に創設されたニューヨークにあるニッチ・フレグランスのハイエンドセレクトショップ アエデス・デ・ヴェヌスタスが2015年に、アルベルト・モリヤスに調香を依頼し、生み出されたのが、「パリサンドルゥ ドール」です。

「パリサンドルゥ ドール」とは、フランス語で「黄金のパリサンダー」の意味です。パリサンダーとは、別名インディアンローズウッドで、薔薇のような香り立ちが特徴です。

アルベルト・モリヤスという調香師は、やはり何人も存在するのでしょうか?とんでもなく平凡なファッション・フレグランスを創造するモリヤスと、このモリヤスは同一人物なのでしょうか?この香りは、一人の人間の人生を逆回ししていくような香り立ちの荘厳な美しさがあります。それは、まるでエニグマの「リターン・トゥ・イノセンス」のようです(もしくは黒澤明の「赤ひげ」)。

Enigma – Return To Innocence (Official Video)

中南米のカトリックの大聖堂の香りがこの香りの根底に流れています。そして、この香りはまるで年老いた人の加齢のベールが一枚一枚剥がされ、誕生した日々へと戻っていくように、香りは展開していきます。つまり完成した香りからはじまり、無垢な温かさへと香りは回帰していくのです。

アニマリックなアンブレット、スパイシーなピンクペッパーとナツメグ、甘辛いシナモン、磨き上げられたようなローズウッド、森林の力強さを生み出すコパイバーム、躍動するシダーウッド、そして、官能的なパチョリ、はじまりから終わりまで絶えず存在するのは、サンダルウッドの温かさ。

はじまりに全ての香料が存在し、時が経つにつれ、一つ一つの存在感を示しながら、香りはシンプルなアンブロキシドへと回帰していくのです。

アルベルト・モリヤスという調香師の本質が、人々にそれぞれの解釈を与える芸術性の高さにあることを思い出させてくれる香りです。

香水データ

香水名:パリサンドルゥ ドール
原名:Palissandre d’Or
種類:オード・パルファム
ブランド:アエデス・デ・ヴェヌスタス
調香師:アルベルト・モリヤス
発表年:2015年
対象性別:ユニセックス
価格:100ml/29,700円
販売代理店ホームページ:伊勢丹オンライン・ストア


トップノート:アンブレット
ミドルノート:ピンクペッパー、コリアンダー、ナツメグ、シナモン
ラストノート:サンダルウッド、コパイバーム、シダー、パチョリ、アンブロキシド

タイトルとURLをコピーしました