その他

N°19(No.19)オードゥパルファム (アンリ・ロベール)

スポンサーリンク

香水名:N°19(No.19)オードゥパルファム N°19 Eau de Parfum オード・パルファム
ブランド:シャネル
調香師:アンリ・ロベール
発表年:1971年
対象性別:女性
価格:50ml/12,000円、100ml/17,000円
公式ホームページ:シャネル

シャネル No.19 EDP 50ml【シャネル 香水】CHANEL シャネルNo.19EDP オードパルファム 50ml【未開封】香水

価格:8,640円
(2019/6/12 07:29時点)
感想(0件)

1982年。

1988年。


トップノート:ネロリ、ベルガモット、グリーン・ノーツ
ミドルノート:アイリス、スイセン、ローズ、スズラン、イランイラン
ラストノート:ベチバー、サンダルウッド、オークモス、レザー

80代になったココ・シャネルが自らの死期が近いことを知り、親しくしていたVIP顧客と友人に〝最後のお別れ〟としてプレゼントするためにシャネルの専属調香師アンリ・ロベールに調香させたプライベート・フレグランス「N°19(No.19)」。

1970年に87歳になった時に完成し、自身の誕生日(1883年)獅子座の8月19日から香水の名をN°19と命名され、ジャック・エリュがデザインしたN°5のボトルに入れられました。そして、香水発表後の1971年1月10日にシャネルは死んだ。本当の意味での〝最後のシャネルの香水〟です。

オリジナル版は、「N°19」と同じくアンリ・ローベルによる調香であり、現代版は当時のシャネルの専属調香師ジャック・ポルジュによるものです。

ガルバナムの凛としたグリーンに、パウダリーなアイリスと華やかなホワイトフローラルが柔らかく入り込み、シンクロし合う、フローラル・グリーン・ウッディの香りです。オードゥ・パルファム版において、イランイラン、スズラン、ローズなどのフローラルノートが強調され、より華やかに香り立ちます(特にローズの香りが素晴らしい)。

スポンサーリンク

最新の投稿

更新カレンダー

2019年11月
« 10月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

ファッションアイコン(女優編)

PAGE TOP