究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【トム フォード】ヴェール ド フルール(オリビエ・ギロティン)

その他
©TOM FORD
その他トム・フォードブランド調香師香りの美学
この記事は約3分で読めます。

ヴェール ド フルール

原名:Vert de Fleur
種類:オード・パルファム
ブランド:トム・フォード
調香師:オリビエ・ギロティン
発表年:2016年(日本販売終了)
対象性別:ユニセックス
価格:50ml/30,240円

スポンサーリンク

グリーン・グラマラス・レボリューション

トム・フォード時代のグッチ2004年FW。

トム・フォードの「プライベート ブレンド コレクション」から、2016年に発売されたグリーン・コレクション「レ エクストレ ヴェール」は4種類から成ります(日本ではこの香り以外は、2016年9月に発売され、この香りのみ2017年3月17日に発売された)。

このコレクションのテーマは、グリーンノートという、どこか古めかしく、ラグジュアリーとは無縁と考えられている香調から〝トム・フォード・グラマラス〟を生み出そうという試みでした。

そのうちのひとつが「ヴェール ド フルール」です。フランス語で「緑の花(グリーン・フラワー)」という意味のこの香りは、シャネルN°19のような1970年代風のグラマラスなムードが漂う香りです。オリビエ・ギロティンにより調香されました。

スポンサーリンク

トム・フォードN°19

©TOM FORD

過去から蘇えりし亡霊のように、ベルガモットとネロリ、バジルに導かれるようにして、ガルバナムが鋭い緑の閃光を放ちながら登場します。まさに失われし時代のグリーン・ボムが炸裂しているようです。

そんな中、すぐに現れるヒヤシンスがグリーンの奥深くから他のフローラルを見つけ出し、引きずり出そうと試みます。アイリスを中心とした甘いジャスミンとジャミーなローズ、オレンジ・ブロッサムを花咲かせようとするのです。しかし、間髪入れずにガルバナムが制止します。

パウダリーなフローラルとグリーン・ボムの緊張の糸を肌の上で体感することが出来るのがこの香りの醍醐味です。やがて、無垢なヒヤシンスが均衡を突き破り、遂に花は咲き誇るのです。まさに〝自制していた美が解き放たれた瞬間〟です。

全体に薄膜を張っていたオークモスが、スモーキーなベチバーとアーシィなパチョリと共に、ドライダウンに向かうに従いその存在を明らかにしていきます。その瞬間、森の奥深くを探検していた冒険家がアンコール・ワットを発見した数百年前のあの日のように、突然、人々の肌と嗅覚を通して、女性の中に秘められた神秘性が明らかにされるのです。

クールビューティーという言葉の中に、グリーンの概念を結びつけた『グリーンクールビューティー』の香りです。それは心が掻き乱されるガルバナムがヒヤシンスによって、クールネスを手にした瞬間の香りともいえます。〝うしろ姿と横顔で、大人の艶やかさを見せることが出来る女の履歴書〟とも言えます。

スポンサーリンク

香水データ

香水名:ヴェール ド フルール
原名:Vert de Fleur
種類:オード・パルファム
ブランド:トム・フォード
調香師:オリビエ・ギロティン
発表年:2016年(日本販売終了)
対象性別:ユニセックス
価格:50ml/30,240円


シングルノート:アイリス、ジャスミン、ヒヤシンス、ベルガモット、ネロリ、ガルバナム、ベチバー、バジル、ローズ、オレンジ・ブロッサム、パチョリ、オークモス

タイトルとURLをコピーしました