究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【ペンハリガン】リリー オブ ザ バレー(マイケル・ピクタール)

その他
その他ブランドペンハリガン調香師香りの美学
この記事は約5分で読めます。

リリー オブ ザ バレー

原名:Lily of the Valley
種類:オード・トワレ
ブランド:ペンハリガン
調香師:マイケル・ピクタール
発表年:1976年
対象性別:女性
価格:100ml/22,550円
販売代理店ホームページ:DEPACO(大丸松坂屋コスメオンラインストア)

ペンハリガン PENHALIGON`S リリー オブ ザ バレー オードトワレ 1.5ml アトマイザー お試し 香水 レディース 人気 ミニ【メール便送料無料】

価格:760円
(2022/5/29 03:24時点)
感想(8件)

スポンサーリンク

「薔薇のようなかわいいスズランの香り」

1956年4月19日のグレース・ケリーのロイヤルウエディング。

私がもっとも愛する薔薇のようなかわいいスズランの香りです。

フレデリック・マル

1950年代を代表するハリウッド女優であるグレース・ケリー(1929-1982)がモナコ王妃として、1956年4月19日に、ロイヤルウエディングを挙げた時に持っていたウエディングブーケはスズランでした。

イブがエデンの園から追放された時に、流した涙から生まれたと言われるスズラン。この花に「永遠の愛」を託し、1976年にペンハリガンから生み出されたのが「リリー オブ ザ バレー」です。マイケル・ピクタールにより調香されました。

超音速旅客機のコンコルドがイギリスとフランスを空で結びつけた年に生み出されたこの香りは、今では、ディオールの「ディオリシモ」と並ぶ〝スズランのものがたりの伝承者〟とでも呼ぶべき〝永遠のクラシック〟とされています。

長い年月をかけて愛されてきたスズランの香りを、私たちの肌の上で伝承する喜び。それもまた香りの楽しみ方のひとつと言えます。まさに〝永遠のスズラン〟を愛する喜びなのです。

スポンサーリンク

肌の上で感じる、スズランの清らかで軽やかな歌声


触れるとこぼれて落ちそうな、スズランの鈴のような花びらを想わせるアマルフィ・レモンとベルガモットが、清らかな音色を響かせるようにしてこの香りははじまります。

春の訪れを告げようとしているのですが、お世辞にも〝きらめく春の訪れ〟とは思えない温かな鈍さがそこにはあります。そんな中、緑の妖精が到着するのです。ゼラニウムにより、キリっとフレッシュグリーンに引き締まった瞬間…透き通るように白い鈴の音がかき鳴らされるのです。

爽やかなスズランとローズに、クリーミーなイランイランとジャスミンが、それぞれの甘さをフローラルブーケのように溶け合わせてゆくのです。そんなブーケの中央にはスズランが定位置を保っています。そして、それを持つ花嫁を優しく支えるように、まるで新郎のようなオークモスとサンダルウッドが現れるのです。

スズランの凛とした横顔から、天使のような優しい微笑み、そして、歓喜の涙まで、その花の持つしあわせな側面を捉えた、明るいスズランの無垢で軽やかな歌声に包まれてゆくのです。

この香りの素晴らしさは、生まれた時から、あなたを祝福しているような、つまり、いつもそばにいてくれたかのような心が落ち着く響きを与えてくれるところにあります。

スポンサーリンク

今は亡きダイアナ妃がもっとも愛したスズランの香り

ダイアナ妃のロイヤルウエディング。Anwar Hussein/Getty Images

〝永遠のエレガンス〟が凝縮されたエリクサー。それは、過去から現代へと繋ぐ、女性に魔法のようなオーラを与えてくれる液体です。その人が部屋に入ると、人々が静寂し、羨望の眼差しで一挙手一投足を見守る…その人にあなたがなる香りなのです。

ちなみに1981年7月29日に、ダイアナ妃がロイヤルウエディングで使用していた香りはディオールの「ディオリシモ」だったのですが、プライベートで最も使用頻度が高かったのは、ペンハリガンの「ブルーベル」とこの香りだったと言われています。

ミュゲ(スズラン)からは精油がとれない(量が少なく安定しない)。そのすばらしい香気の元となる芳香成分が精油に含まれるのかどうかも、はっきりしていない。

ミュゲはプロコフィエフの『ピーターと狼』を香りで表したようなものだ。青々しくて軽く、ローズのようにフレッシュなノートを通して、肺もふくらむ浮かれ騒ぎだ。

こんなに世界中で愛される香りは、ほかにはバニラしか思いつかない。だが、これが仇になった。最高のミュゲの原料はアルデハイドとアルコール類を含むもので、前者はパンチ、後者は石鹸のようなフレッシュさを与える。このハイドロキシアルデヒド(ヒドロキシシトロネラール)は非常にパワフルだ。そして人気のある香りのため、たくさんの人に大量に使われた結果、アレルギーを作り出してしまい、両方とも使用を規制されてしまった。

ルカ・トゥリン『世界香水ガイド』より抜粋

ちなみにルカ・トゥリンはこの香りを「青々しいハニーサックルの香り」と表現しています。

スポンサーリンク

香水データ

香水名:リリー オブ ザ バレー
原名:Lily of the Valley
種類:オード・トワレ
ブランド:ペンハリガン
調香師:マイケル・ピクタール
発表年:1976年
対象性別:女性
価格:100ml/22,550円
販売代理店ホームページ:DEPACO(大丸松坂屋コスメオンラインストア)


トップノート:ベルガモット、アマルフィ・レモン、ゼラニウム
ミドルノート:スズラン、ブルガリアン・ローズ、イランイラン、ジャスミン
ラストノート:サンダルウッド、オークモス

ペンハリガン PENHALIGON`S リリー オブ ザ バレー オードトワレ 4ml アトマイザー お試し 香水 レディース 人気 ミニ【メール便送料無料】

価格:1,590円
(2022/8/9 12:49時点)
感想(0件)

タイトルとURLをコピーしました