究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

LE LABO KYOTO【全国フレグランス聖地ガイド】

全国フレグランス聖地ガイド
全国フレグランス聖地ガイド 香りの美学
この記事は約3分で読めます。

LE LABO KYOTO

聖地指数 ★★★★★(2020年6月更新)
場所 京都

2020年7月1日、遂にルラボが京都上陸を果たします。6月11日に京都烏丸御池にオープンした京都の新たなる高感度スポット「新風館」内に出来ます。そして、そのオープニングに合わせて3名の精鋭のスペシャリストが専属スタッフになることが決定したのでした。

スポンサーリンク

新風館について


フエギア京都店が祇園のラ・メゾン・ジュヴォー 京都祇園店の隣に出来る予定だったのですが、新型コロナウイルスの影響により、残念ながら出店がキャンセルされました。

そして、同時期に出店予定されていたLE LABO KYOTOの出店もキャンセルされるのではと危惧されていたのですが、2020年7月1日(水)に無事出店される流れとなりました。

ここで、新風館という烏丸御池にある施設について軽くおさらいしていきます。元々は、2001年から16年にかけて存在した商業施設が、2020年6月11日にリニューアルしたものです。


高感度で個性的なインテリアデザインが売りのアメリカのエースホテルが日本に初上陸したことが何よりも話題なのですが、それ以外にも、

  1. お茶と酒 たすき・・・祇園店で話題を生んだお酒のかき氷
  2. 天ぷら「天寅」・・・サッポロラガー赤星600円がありがたい立ち呑み天ぷら
  3. ぎょうざ処 亮昌・・・京都で行列が出来るぎょうざ専門店
  4. CAFÉ KITSUNÉ KYOTO・・・人気ブランド「メゾンキツネ」が2013年に東京・青山にオープンした人気カフェの関西初出店
  5. DIG THE LINE BOTTLE & BAR・・・ヨーロッパ中からインポートした日本初上陸のクラフトビールが飲めるハイセンスな空間
  6. 1LDK・・・東京・中目黒発のメンズ・レディスセレクトショップが関西初進出
  7. グローブスペックス京都店・・・アンティークから最先端デザインまで多彩な買付を行うアイウェアのセレクトショップ関西初出店
  8. アップリンク京都・・・関西初進出のミニシアター

注目するだけでもこれだけ魅力的な店舗が集まる新風館に、無事7月1日に誕生するのが、LE LABO KYOTOです。

オープニングの3名のスペシャリスト

カイエデモードらしい現実的な切り口で分析します。

ルラボの香りについて魅力的なのは言及するまでもないのですが、それ以上に素晴らしいのが、オープニングの3名のスペシャリストの方々です。

チーフの男性の方は、もともと、梅田阪急店(つまりルラボ関西初出店の立役者の一人)立ち上げのチーフであり、最近までは、GINZA SIX店におられた生え抜きの方です。そして、もう一人の方も日本橋三越のルラボにおられた女性であり、更に面白いのは、最後の一人の女性の方に至っては、梅田阪急のラトリエデパルファムにおいて責任ある立場に立たれていた女性なのです。

特に、この女性スペシャリストの方は、ブルーベル取り扱いの商品に対してはパーフェクトに近い知識をお持ちになられているので、他のルラボの店舗のスペシャリスト(GINZA SIXのチーフを除く)には出来ない切り口で、商品を選んでいただけると思います。

更に、ここからが面白いところなのですが、この三名の方々は、店舗オープンが遅れている間、大阪タカシマヤのフレデリック・マル/キリアン/ル ラボのヘルプをしていたので、この店舗の伝説のチーフと思う存分フレグランスIQを高め合ったということなのです。この点が、重要なポイントだと思います。

ちなみにここでは、ガイアック10などのシティエクスクルーシブ コレクションの全てのリフィルが可能であり、9月には恒例の全商品販売が行われます。

何よりも、魅力的なのは、京都の旅の記念に新風館という高感度スペースを体感した上で、ルラボの世界観を楽しめるという点です。または、ル シヤージュ様にお伺いすることも出来るわけなのです。

タイトルとURLをコピーしました