究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

LE LABO 代官山【全国フレグランス×香水聖地ガイド】

全国フレグランス聖地ガイド
©LE LABO
全国フレグランス聖地ガイド香りの美学
この記事は約4分で読めます。

ルラボ 代官山

場所 東京・代官山
住所 東京都渋谷区恵比寿西1丁目35−2
電話 03-5459-2770

2007年にオープンした「LE LABO 代官山」が、日本の香水文化に与えた影響は決定的でした。日本にはじめて本格的な香水専門の路面店を誕生させ、香水を〝人生を豊かにするおしゃれな〟ライフスタイルアイテムへと昇華させたのでした。

一度は必ず訪れておきたい聖地、いや、もはや歴史的遺産。ここで経験を積んだ香水販売員たちが今ではフエギア、ドルセーなどの各ブランドでリーダー的な役割を果たしている、エリート養成所と言ってもいい〝聖地の中の聖地〟です。

スポンサーリンク

代官山に聳えるフレグランスの聖地

©代官山 T-SITE

©LE LABO

今では、日本の香水愛好家だけでなく、ファッションを愛する人々も避けて通ることの出来ないフレグランス・ブランド、ルラボ(LE LABO)。その歴史はまだ新しくニューヨークで創業したのは2006年のことです。

何よりも興味深いのは、僅か一年後の2007年に路面店2号目として、(パリにではなく)この「LE LABO 代官山」がオープンしたことでした。百貨店のフレグランスコーナーで取り扱われないという希少性と、スタイリッシュなブランディングと、最高品質の香料を使用しているという自信を示す価格設定が、このブランドにステイタスを与えてゆきました。

そして、従来の香水の枠を飛び越え、ラグジュアリー・ファッションの一アイテムとして、日本のファッション業界人に認知させたことが、ルラボをオンリー・ワンの存在にしてゆきました。

2014年11月には、エスティローダーのグループ傘下に入るも、当初は慎重な出店により、ブランドの価値を落とすことなく興隆期を迎えたのですが、2020年を境に、完全にエスティローダー・ジャパンのコントロール下に置かれ、積極的な出店が行われています。

今後のブランド力の低下が心配されるフレグランス・ブランドのひとつではありますが、今のところ、このブランドの魅力は何ひとつ損なわれていません。

さて、この代官山店が希少価値の高いフレグランスの聖地である理由は、以下の4点によるものです。

  1. ガイアック10(9月から一ヶ月以外はここと都内各店舗でしか購入できない)
  2. 日本で二店舗しかないフレッシュ ブレンディング店(もう一店舗は京都店のみ)
  3. フレグランス専門店として一度は目に焼き付けておきたいハイセンスな建物の外観と内観
  4. フレグランスの知識がずば抜けて豊富な販売員たち
スポンサーリンク

日本の香水文化の歴史的遺産です。

©LE LABO

今では〝行列が出来る香水店〟の筆頭のような存在になっており、代官山に用事がない限り、混乱を避けるため、GINZA SIXや渋谷パルコ、ニュウマン新宿の店舗に行く人々が増えているのですが、やはり、日本の香水文化の貴重な遺産として「代官山店」を一度訪れてみる事をお勧めします。

ここで、最後に私がとても感動した、2007年オープン当時の販売員様からお聞きしたお話をお伝えさせてください。オープン当時、日本の香水文化は全然盛り上がっていませんでした。

ちなみに日本の香水文化が本格的に盛り上がりを見せるようになったのは、2013年11月6〜11日にかけて初めて開催された香りの祭典「イセタン サロン ド パルファン」(伊勢丹新宿本店 本館7階催物場)からです。

そして、その余波を受け、梅田阪急で2015年8月30日~9月7日にかけて「ギャラリー ド パルファン」と銘打たれた、関西初の香水イベントが行われたのですが、まだ日本の香水文化はそこまで熟していなかったのでしょう、調香師ごとに分けての香りの紹介など、本家の伊勢丹が行ってない革新的な内容が受け入れられることはなく、一回限りの開催となってしまいました。

兎も角、「LE LABO 代官山」オープン時(2007年)は、まったくお客様が来ず、販売員が代官山駅周辺でチラシを配り、ひとりふたりとお客様を広げてゆき、地道に認知度を高めていったのでした。

その結果、現在のルラボの人気があることを聞き、改めて、香水を本気で愛する人々が販売員となり、その商品に対する愛を、どこまでも伝えていこうとする姿勢の大切さに心打たれたのでした。

タイトルとURLをコピーしました