究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

LE LABO 代官山【全国フレグランス聖地ガイド】

全国フレグランス聖地ガイド
全国フレグランス聖地ガイド 香りの美学
この記事は約3分で読めます。

LE LABO 代官山

聖地指数 ★★★★★(2020年10月新着)
場所 東京・代官山

伝説のフレグランス・コンシェルジュも復帰し、益々、「日本でフレグランスを愛する人々にとってのエルサレム」として、存在感を増している「LE LABO 代官山」。デートスポットから「フレグランス聖地」の役割までを果たす聖地の中の聖地です。

スポンサーリンク

代官山にあるフレグランス聖地


2020年7月1日に京都の新風館に新店舗もオープンしたル ラボ(LE LABO)の歴史はまだ新しく2006年にニューヨークで創業し、2007年に路面店2号目としてこの代官山店がオープンしました。

元々は、取り扱い店舗の圧倒的な少なさ(そして、最高品質を使用している上質感とその奥底に潜む割高感のせめぎ合いが、ブランドに希少価値を生み出していた)とファッション感度の高さが売りのフレグランス・ブランドだったわけなのですが、2014年11月にエスティ・ローダーに買収され、グループ傘下に入り、以降、取り扱い店舗が飛躍的に拡大していきました。

であるにもかかわらずこの代官山店が希少価値の高い聖地である理由は、以下の4点によるものです。

  1. ガイアック10(こことGINZA SIXでしか購入できない)
  2. 圧倒的なデートスポット感
  3. ハイセンスな建物の外観と内観
  4. 入りやすさ

フレグランス販売員にとってのエルサレム

コスメカウンターで売っているフレグランスは、大半はそのブランドを売っているだけである。一方、同じフレグランスを売るにしても、スペシャリストは、ブランドではなく、香りを売る。

かつて代官山店において、抜群のフレグランス・アドバイス力によって、SNSや口コミにより迷い込んできた子羊から、本物志向のフレグランス愛好家やファッション感度の高いラグジュアリー・ブランドの販売員たちまでをことごとく「ルラボホリック」にしてきた伝説のスペシャリストの方が、ル ラボに戻って来られました。

私はこの男性スペシャリスト様のことを勝手に許可なくフレグランス・コンシェルジュと呼んでいるのですが、初心者の方にもわかり易く、中級者の方にはもっともっとフレグランスが好きになるように愛を与えてくれ、そして、上級者の方には、刺激を与えて頂く、関西人もびっくりな程に絶妙な香りに対する表現力により、ルラボワールドに違和感なく導いてくれる素晴らしい方です。

そして、何よりも、この方の素晴らしさは、チョイスして頂く香りがしっくりと心の中に浸透していく所にあります(自分自身も気づかなかった一面を教えてくれるとも言えます)。

他のフレグランス・ブランドに対するフレグランスIQもMAXであり、教養の高い方なので(しかもとても謙虚な愛されキャラ)、プロフェッショナルな職業につかれている方々が、この方を指名して商品購入していたということも納得できます。

更には、この方は、販売員を育て上げる能力も高く、現在は他ブランドでフレグランスを販売しているスペシャリストの方々の、マスター・ヨーダ的な存在でもあるのです。

特に、関西で頑張っておられるフレグランス販売員の皆様が、東京で聖地巡礼されるときには、マストで巡礼するべきお方です。

勿論、LE LABO 代官山におられる販売員様は皆様スペシャリスト揃いであり、フレグランス愛好家の皆様にとっても、代官山の高感度な他のジャンルの聖地を訪問しながらこのお店に巡礼するのはとても五感を刺激する有意義な時間になるはずです。

最後に、このお店の素晴らしさは、フレグランスIQの高い方々だけでなく、フレグランスIQゼロの方々や、ただ最初の香りが欲しいだけというライト層に対してもきちんとした接客ができる所にあります。つまり、フレグランス・ジプシーにとっての救済の館の意味合いも存在します。

タイトルとURLをコピーしました