究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【ゲラン】ベチバー(ジャン=ポール・ゲラン)

ゲラン
ゲランジャン・ポール・ゲランブランド調香師香りの美学
この記事は約5分で読めます。

ベチバー

原名:Vetiver
種類:オード・トワレ
ブランド:ゲラン
調香師:ジャン=ポール・ゲラン
発表年:1959年
対象性別:男性
価格:100ml/13,200円
販売代理店ホームページ:ベルコスメ

【送料無料】 ゲラン・ベチバー EDT 100ml (香水)

価格:6,920円
(2021/6/24 11:08時点)
感想(1件)

スポンサーリンク

男性の香りに芸術性を与えた22歳の天才児


ゲランから1890年代から20世紀はじめにかけて作られた「ベチバー」はユニセックスの香りとして1950年代まで販売されていました。この香りがメキシコで長らく定番の香りとなっていたことを受けて時のゲランの最高責任者であるジャン=ピエール・ゲラン(1905-1996)は、ある決断を下しました。

それは甥っ子であるまだ22歳に過ぎないジャン=ポール・ゲラン(1937-)に、その若い感性で、ベチバーの香りが人気のある南米(特にメキシコ)の市場に向けて「ベチバー」を再調香させることでした(ジャック・ゲランがこのプロジェクトに興味を示さなかったため)。

すでにベチバーの香りは、1957年にカルヴェンが発表した「ベチバー」が成功を収め、世界的にメンズ・フレグランスの新たなるトレンドとして脚光を浴びようとしていました。

かくして、ゲランの三つ目のメンズ・フレグランスとして1959年に「ベチバー」は生み出されたのでした。そして、この香りにより、メンズ・フレグランスは、初めて抽象的な概念を付加することにより、芸術の扉を開けることになったのでした。

ジャン=ポールが、ゲラン一族の庭師から漂う3つの香りからインスパイアーされた香りでした。それは、

  1. 庭師が着ていた黒のサージジャケットとブラウンベルベットのトラウザーの薫り
  2. 庭師が吸っていたジタンのタバコの香り
  3. 庭師がいじる土の匂い

でした。そんなこの香りは、トップノートは、レモンのみで構成されています。輝くような柑橘の閃光と共に、タバコとインセンスに包まれたベチバーが現れます。

それは、ゴルフ場の香りとも揶揄されるほどに、ベチバーの明るい一面を大自然の香りへと変換した、〝成熟した男性が放つ存在感〟を具現化したような香りでした。

成熟した男性の輝く笑顔のようなベチバー

いつもジャン=ポールが身に纏っていた香りはただひとつでした。それは「アビルージュ」ではなく「ベチバー」でした。

ティエリー・ワッサー

ジャン=ポール・ゲランが63歳になった2000年に「ベチバー」は41年ぶりにリニューアルされました。この作業は、ジャン=ポールにとってとても感慨深いことでした。

新たなる「ベチバー」のイメージは、世界が初めて迎えた夜明けのイメージでした。大地がはじめて呼吸した時の香りとして、フレッシュさと温かさ、調和と個性といった、自然の中の相反する二面性が生み出す活力に満ち溢れています。

オレンジ、ベルガモット、レモンといったフレッシュなシトラスが夜露のように光るトップノートからこの香りは始まります。シトラスにより、あとで現れるベチバーの明るい側面を引き出し、その後に続くスパイシーなコリアンダーが、ベチバーのアーシィーかつスモーキーな側面を引き出しています。

それはまさにグレープフルーツにも似たベチバーの苦味を男性の肌の上で、いかに輝かせていくか?というテーマにより、クローブの甘さとニオイイリスの根茎のフローラルのコントラストを巧みに生かし、生み出された奥行きのあるダンディズムを演出してくれます。

そして、サンダルウッドとシダーウッドがベチバーに溶け合うドライダウンにより、明るくも冷静沈着にキビキビと仕事をこなしていた男性が、スーツのジャケットを脱ぎ、女性に向けて、はじめて笑顔を見せ、その白い歯を彼女の脳裏の中に焼き付けるような効果を生み出していきます。

太陽のように輝きながら、緑のシャープな匂いに包まれ、最後には、笑顔で女性(または男性)を虜にする香り。それがゲランの「ベチバー」なのです。そして、この香りを愛しているトム・フォードは、2009年に、その世界観をより突き詰めた「グレイ ベチバー」を生み出すに至るのでした(トム・クルーズも「この香りなしで外出することはない」と断言するほどのお気に入りです。)。

ボトル・デザインはロベール・グラネによるものです。

ルカ・トゥリンは『世界香水ガイド』で、「ベチバー」を「ベチバーの手本」と呼び、「オリジナル(いくら書いても書き足りない)より断然希薄で、ドライだ。」

「ベチバーの香水の中では最良の部類に入る。それでも私は、頑ななまでに大々的に売り出されることのない「ベチバー プール エル」のほうが、より複雑で好きだ。」と4つ星(5段階評価)の評価をつけています。

スポンサーリンク

香水データ

香水名:ベチバー
原名:Vetiver
種類:オード・トワレ
ブランド:ゲラン
調香師:ジャン=ポール・ゲラン
発表年:1959年
対象性別:男性
価格:100ml/13,200円
販売代理店ホームページ:ベルコスメ


トップノート:ナツメグ、コリアンダー、マンダリン・オレンジ、ネロリ、ベルガモット、タバコ、レモン
ミドルノート:カーネーション、サンダルウッド、ペッパー、ニオイイリスの根茎、セージ、ベチバー
ラストノート:レザー、トンカビーン、アンバー、シベット、オークモス、ベチバー、ミルラ

【送料無料】 ゲラン・ベチバー EDT 100ml (香水)

価格:6,920円
(2021/6/24 11:08時点)
感想(1件)

タイトルとURLをコピーしました