究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【トバリ】サイプレス マスク(トバリ)

その他
その他その他ブランド調香師香りの美学
この記事は約5分で読めます。

サイプレス マスク

原名:Cypress Mask
種類:オード・パルファム
ブランド:トバリ
調香師:不明
発表年:2018年
対象性別:ユニセックス
価格:50ml/13,200円、100ml/16,500円

スポンサーリンク

ヒノキで作られた〝能舞台・能面・老松〟に秘めたる想いを香りに。

お能は昔、大和を中心に発達しました。それは滑稽で猥雑な物真似劇でした。それが次第に洗練されて行き、周囲の芸能を吸収しつつ、室町初期にほぼ現在の能に近いものに育ったのですが、丁度そのとき世阿弥という天才が生まれ、この芸術を不屈のものにしたのです。

白洲正子

1575年に創業し、1965年に線香「青雲」のヒットにより、翌年より社名を日本香堂に改めた線香製造メーカーが2018年に生み出した日本発の香水ブランドそれが『TOBALI トバリ』です(2016年には京都・二寧坂に〝香十〟という店舗もオープンしています)。

『TOBALI=帳(とばり)』とは、覆い隠し、秘める布=空間を隔てて見えなくする垂れ絹のことです。谷崎潤一郎の『細雪』の4人姉妹のひとり雪子の持つ〝魅力をひけらかさず、敢えて内に秘める事により、奥ゆかしさの中から美は昇華する〟という、日本女性の独特の感性が導き出した〝秘める美〟をテーマとして2018年に一挙5作品が発売されました。

全ての香りに共通したベースノートとして「Hidden Japonism 834(合成ウード)」が使用され、〝色気と知性〟〝強さと情愛〟〝気品と狂気〟など、相反するイメージが表現されています。すべての作品は、クリエイティブデザイナー(ディレクター)の米津智之氏により生み出されています。

そのうちのひとつ「サイプレス マスク」は、滑稽で猥雑な物真似劇だった能を芸術の域まで高めた猿楽師、世阿弥(1363-1443?)に捧げられた香りです。南北朝時代に観阿弥の長男として生まれ、12歳の頃より室町幕府三代将軍足利義満に庇護され、言葉、所作、歌舞、物語に幽玄美を漂わせる能の形式「夢幻能」を大成させてゆき、〝日本の美学〟のバイブルと言われる、能の理論書『風姿花伝』を記した人です。

秘する花を知ること。秘すれば花なり。秘せずば花なるべからず。

風姿花伝

つまり、トバリの香りのすべてに含まれている「Hidden Japonism 834(合成ウード)」こそが、その精神を体現する〝秘する花〟なのです。

〝気品に秘める狂気〟。「初心忘るべからず」という言葉を生み出した世阿弥は、それまでの若い時に芸能の頂点は訪れるという社会通念を覆し、「芸能とは人生をかけて完成するもの」という考えを打ち出しました。つまりは、日々、稽古が重要であり、傲慢になったとき、その人の芸能は朽ち果てるという…ヒノキで作られた能面に対して、真摯に向き合う心を描き出した香りなのです。

スポンサーリンク

ヒノキが舞い踊る中、サフランが〝般若〟を呼ぶ。

自然の背景はこのように単純化されて能舞台の上にうつされたのですが、能楽が象徴的な芸術といわれるのは、すべての樹木を捨てて、その代表として松だけを選んだように、あらゆるところに省略と移植がおこなわれているからです。

白洲正子

〝省略の美学〟この香りの中心には能舞台のように「老松」が存在するのです。そして、能舞台自体と能面は、ヒノキ(サイプレス)で作られているのです。この香りにおける「老松」は樹脂であるミルラです。

能管、小鼓、大鼓、太鼓により奏でられる〝能囃子〟が聞こえてくるように、心に染み入るように届く、鋭いサフランとナツメグの香りからこの香りははじまります。すぐに〝シテ〟の能楽師のようにヒノキが舞い、粛々とした幽玄なる空気を香り全体に与えてゆきます。

この香りの素晴らしさは、そのヒノキをクリーミーなミルラと、酸味の効いたウードが、まるで〝地謡〟のようにさらなる神聖さの高みへと引き上げていくところにあります。

ちなみに公式サイトにおいて、〝芸術が優雅に舞い踊る。気品と狂気が絡み合う気高い香り。〟とこの香りは表現され、〝気品はヒノキ、狂気はサフラン〟と記されています。ここら辺を意識してこの香りを身にまとってみるのも一興です。

やがて、インセンスの風に乗って、〝ワキ〟=墨汁が加わり、サフランとナツメグは酸味と甘みの絶妙なバランスをとりながら、涼しげなシダーウッドの到来により、舞うように優雅なるクリーミーなヒノキの余韻で包み込んでくれるのです。

雅やかな甘い木の香り。能舞台のすべての木の要素が、肌の上で至宝の瞬間を解き放つような〝円やかな幽玄さ〟に満ちた香りです。たおやかでしなやか、優美であり夢幻の舞にただただうっとりさせられる香りです。隠し味はスエードのような滑らかなレザーでしょう。

木の香りでありながら、能装束のような華やかな色彩を感じさせます。それでいて、いにしえの日本の香りをすべて詰め込んだような、懐かしさ=癒しを与えてくれる、実に優れた『日本の香り』です。

スポンサーリンク

2021年11月に「M1402 CYPRESS MASK」となる

©COLOURS ONLINE STORE 2022

©COLOURS ONLINE STORE 2022

2021年11月3日にトバリはブランドを終了し、11月4日より新しいフレグランスブランド、サウザンドカラーズにそのDNAは引き継がれる形になりました。そして、「サイプレス マスク」も「M1402 CYPRESS MASK」の名でボトルデザインがリニューアルされ、継続販売されることになりました(25ml/9,350円、100ml/17,600円)。

ちなみに〝M1402〟の意味は、世阿弥が『風姿花伝』を記した年です。

スポンサーリンク

香水データ

香水名:サイプレス マスク
原名:Cypress Mask
種類:オード・パルファム
ブランド:トバリ
調香師:不明
発表年:2018年
対象性別:ユニセックス
価格:50ml/13,200円、100ml/16,500円


トップノート:サフラン、ヒノキ、ナツメグ
ミドルノート:ミルラ、インセンス、墨汁
ラストノート:シダーウッド、パピルス、レザー、アガーウッド(ウード)

タイトルとURLをコピーしました