究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【エルメス】ベラミ ベチバー(ジャン=クロード・エレナ)

エルメス
©Hermès
エルメスジャン=クロード・エレナブランド調香師香りの美学
この記事は約4分で読めます。

ベラミ ベチバー

原名:Bel Ami Vetiver
種類:オード・トワレ
ブランド:エルメス
調香師:ジャン=クロード・エレナ
発表年:2013年
対象性別:男性
価格:100ml/14,500円

スポンサーリンク

美しき男たちへの捧げもの

©Hermès

私がフレグランスを調香する時に注意していること。それは〝微笑み〟を添えることを忘れないようにすることです。

ジャン=クロード・エレナ

1885年に発表されたモーパッサンの小説『ベラミ(美しい男友達)』は、日本では大薮春彦の『蘇える金狼』(特に松田優作の映画版)に影響を与えた小説と言われています。

それはジョルジュ・デュロアという何も持たない青年が、その美貌だけを武器に、女性たちを利用し、裏切りを繰り返しながらのし上がっていくフレンチドリームを描いた作品でした。そんな究極の欲望マシーンの名を冠し、エルメスによってその世界観を基に、1986年に創造されたのがジャン・ルイ・シュザックによる「ベラミ」でした。

優雅なロシアンレザーが、ムスクやアンバリーバニラ、パチョリを翻弄しながら、より輝いてゆくオリジナル版を、ベチバーに置き換え、2013年に発表されたのが「ベラミ ベチバー」です。エルメスの初代専属調香師ジャン=クロード・エレナにより調香されました。

シプレ・レザーからウッディ・レザーへの進化形として、エレナ自身により再調香された「ベラミ」以上に、オリジナルの「ベラミ」の世界観を継承しているという評価を得ている作品です。

スポンサーリンク

この香りに〝心ゆくまで裏切られてください〟

ボトルを後ろから見ると…©Hermès

これが朝倉という男だ。こんな男に女が惚れたら、最後に待っているのは恐ろしいほどの不幸だ。

『蘇える金狼』大藪春彦

美貌を武器に光のある方向に向かってひたすら前進する青年ジョルジュ・デュロア。多くの女性を食い物にし、目的を果たしていく修羅のような心とは裏腹に、心が汚れれば汚れるほど、美しさは磨かれてゆくのです。そして、ある日、ド・マレル夫人の幼い娘から〝ベラミ(美しい男友達)〟と呼ばれるようになり、それが彼の愛称になるのでした。

そんな絶世の美貌を誇る悪魔と、その悪魔の蜜を吸い尽くさんと群がる蝶々を描きあげたこの香りは、酸いも甘いも知り尽くしたビターオレンジとジンジャーシロップのきらめきからはじまります。すぐに我がベラミ=ロシアンレザーが到来するのです。

最初から最後まで存在するベチバーとエレミ、トンカビーン(ローストしたリッチな味わい)が、ジョルジュの甘い罠を象徴しているように効し難い魅力を解き放ちます。そして、カルダモンやクミン、クローブ、ピメントといったスパイスに、ハーバルなカーネーションが加わり、逃走迷路のような人生模様を香りの中に投影させてゆくのです。

エルメスは、この香りについて〝まるで探偵小説を思わせるような陰謀に満ちています。官能的でありながら、クラシックでエレガントなスタイル。時代を超越しながらも、決して現代的ではないのです。〟という大胆不敵なコメントを残しているのだ!

やがて、うっとりするようなアイリスがアンバリーバニラとラブダナムと混じり合い、圧倒的な(苦みばしった)ベチバーのエレガンスを引き立てながら、ロシアンレザーの下に運んでくれるのです。特にスティラックスがスモーキーさに甘やかさを与えています。さあ、時は来た!秘めやかに薫り立つシベットさえもこの香りの欠点にはなりやしないのだ。

嗅ぐものを虜にせずにはおられないスモーキーなレザーとソーピィーの円やかな『美しき悪魔』の香りの誕生です。ロシアンレザーの風に乗ってやって来るカーネーション(=甘い口説き文句)に心ゆくまで裏切られてください。

スポンサーリンク

香水データ

香水名:ベラミ ベチバー
原名:Bel Ami Vetiver
種類:オード・トワレ
ブランド:エルメス
調香師:ジャン・クロード・エレナ
発表年:2013年
対象性別:男性
価格:100ml/14,500円


トップノート:シトラス、カルダモン、エレミ、バジル、カーネーション
ミドルノート:アイリス、パチョリ、ロシアン・レザー
ラストノート:ベチバー、アンバー、シベット、スティラックス、バニラ、ラブダナム

タイトルとURLをコピーしました