究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【ラルチザン】アムール ノクターン(ベルトラン・ドゥシュフール)

ブランド
@L'Artisan Parfumeur
ブランドベルトラン・ドゥシュフールラルチザン調香師香りの美学
この記事は約3分で読めます。

アムール ノクターン

原名:Amour Nocturne
種類:オード・パルファム
ブランド:ラルチザン
調香師:ベルトラン・ドゥシュフール
発表年:2013年
対象性別:ユニセックス
価格:125ml/30,150円

スポンサーリンク

華麗なる20世紀の恋愛の香り

@L’Artisan Parfumeur

2013年に、ラルチザンも最上級フレグランス・ラインの展開を図りました。結果的には継続できなかったのですが、その最上級ラインの名を「エクスプロージョン オブ エモーション」と申します。〝恋愛における感情の高まりを香りで表現する〟というテーマで創り出された作品が一挙3作品発売され、翌2014年にも3作品発売されました(この香りと「ラペルトワ」は、ボトル・リニューアル後、2019年はじめまで日本でも販売されていました)。

アムール ノクターン」は、最初の3作品のうちのひとつです。その名の意味は「愛の夜想曲」です。夜想曲と言えばショパンの『夜想曲 第2番 変ホ長調』Op.9-2(1831)が最も有名ですが、1956年のアメリカ映画『愛情物語』の中でカーメン・キャバレロによって演奏されたアレンジが実に素晴らしいです。

愛が生むロマンティックなムードを香りにしたのがこの香りです。ホットミルクと焦げたキャラメルが絡み合うまろやかなウッディーノートから、火薬と蘭の花がアクセントになった力強く情熱的な香りは、ベルトラン・ドゥシュフールにより調香されました。そして、この香りはまた、ジャン=クロード・エレナによる「ボア ファリヌ」にオマージュされた作品でもありました。

愛は静寂に包まれる真冬の森の夜にやって来ます。それはまるで、聖夜に21世紀的な世界観から解き放たれた2人の特権であるかのように、まずは大自然のシダーの香りに大聖堂から漂うインセンスの香りが絡み合います。さぁ、愛を運ぶ香りの夜想曲の始まりです。

暖炉に火が灯されました。そこに、ホットミルクと焦がしたキャラメルの甘い香りが訪れます。まるで50年代のハリウッド映画のような懐かしい温かさに包まれます。そして、2人の情熱的な視線が火薬の香りを誘導するのです。バニラとムスクが愛を伴うセックスが、かくも優しく温かいということを教えてくれるのです。

スポンサーリンク

香水データ

香水名:アムール ノクターン
原名:Amour Nocturne
種類:オード・パルファム
ブランド:ラルチザン
調香師:ベルトラン・ドゥシュフール
発表年:2013年
対象性別:ユニセックス
価格:125ml/30,150円



シングルノート:シダー、フィグミルク、ミルク、キャラメル、火薬、オーキッド、ムスク、バニラ

タイトルとURLをコピーしました