エディ・スリマンのセリーヌ香水9種類徹底解剖!

【ラルチザン】デリリア(ベルトラン・ドゥショフール)

ブランド
ブランド ベルトラン・ドゥショフール ラルチザン 調香師 香りの美学
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

安全ベルトをお締めください


2013年に、ラルチザンも最上級フレグランス・ラインの展開を図りました。結果的には継続できなかったのですが、その最上級ラインの名を「エクスプロージョン オブ エモーション」と申します。〝恋愛における感情の高まりを香りで表現する〟というテーマで創り出された作品が一挙3作品発売され、翌2014年にも3作品発売されました。

デリリア」は、最初の3作品のうちのひとつです。その名の意味は「せん妄」(認知症やうつ病に似た症状)です。恋愛がスタートしたばかりの状態を、ジェットコースター体験に置き換えた、めまいがするような香りは、ベルトラン・ドゥショフールにより調香されました。発売後すぐにクレームにより「Sautes d’Humeur(気分の急転)」に、ネーミングの変更を余儀なくされました。

まずはこの香りを身に纏う前に、「安全ベルトをお締めください」。オープニングから、パイナップル手榴弾が炸裂します。

ラム酒の混じったメタリック・ノートとりんご飴と綿菓子がブレンドされたグルマン・ノートのコントラストが不思議な捉えどころのない香りです。やがてラムと綿菓子が生き残り、温かいパイナップルがムスクとブレンドされた香りに包まれていきます。

メタリックノートを通じて、恋をすると人間は臆病になるという本質を表現しようとした香りです。

香水データ

香水名:デリリア
原名:Deliria
種類:オード・パルファム
ブランド:ラルチザン
調香師:ベルトラン・ドゥショフール
発表年:2013年
対象性別:ユニセックス
価格:125ml/30,150円


トップノート:ホットシナモン、トフィーアップル、メタリックアルデハイド
ミドルノート:ラム、ラズベリー
ラストノート:ムスク、バニラ、ベンゾイン、キャラメル

タイトルとURLをコピーしました