究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【ジョルジオ アルマーニ】アンブレ ソイエ(クリスティーヌ・ナジェル)

クリスティーヌ・ナジェル
クリスティーヌ・ナジェル ジョルジオ・アルマーニ ブランド 調香師 香りの美学
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

香水データ

香水名:アンブレ ソイエ Ambre Soie オード・パルファム
ブランド:ジョルジオ・アルマーニ
調香師:クリスティーヌ・ナジェル
発表年:2004年
対象性別:ユニセックス
価格:日本未発売


シングルノート:ジンジャー、アンバー、パチョリ、ペッパー、クローブ

香水広告フォト&動画


スポンサーリンク

ルカ・トゥリン

★★★★☆ リッチアンバー
調香師クリスティーヌ・ナジェルのすばらしい作品「テオレマ」(フェンディ、1998)は、オリエンタル香水にまだどんなに多くの可能性が残されているかを教えてくれた。この手の香水では、ナジェルは世界一だろう。テオレマが廃版になったとき彼女は、その美しい構成をアンブル・ソイエとして生まれ変わらせてくれた。これはアンバーの最高峰のひとつ。豊かだがくすむこともなく、みずみずしいが甘過ぎない。そしてふしぎなアニス調の香りが持続して飽きさせない。上品で、技が生きている。 ― ルカ・トゥリン

『「匂いの帝王」が五つ星で評価する世界香水ガイドⅡ』ルカ・トゥリン/タニア・サンチェス 原書房

香水についての解説

ジョルジオ・アルマーニのオートクチュール・フレグランス『アルマーニ プリヴェ』(最高品質の香料を生かすシンプルな香り)のためにクリスティーヌ・ナジェルが唯一調香した香りが、2004年に発売されたオリエンタル・スパイシーの「アンブレ ソイエ」です。『アルマーニ プリヴェ』はこの作品を含む4作品からはじまりました。そして、50mlで185ドルで販売されました。

アルマーニの願いである「アンバーが持つ官能性とミステリアスの二面を呼び起こす純粋な香り」を、ビター・チョコレートが肌に溶けていくような感覚で表現したアンバー・フレグランスの最高傑作のひとつであり、日本人にとっては〝幻のアンバー〟です。

タイトルとURLをコピーしました