イヴ・サンローラン

カトリーヌ・ドヌーヴ3 『昼顔』3(4ページ)

    作品名:昼顔 Belle de jour (1967)
    監督:ルイス・ブニュエル
    衣装:イヴ・サンローラン
    出演者:カトリーヌ・ドヌーヴ/ミシェル・ピコリ



    日本文化の素晴らしさとは、マリオのコスプレだけではない

    (私の心を高揚させるものは)今でもずっと変わらずに映画です。最近、日本の成瀬巳喜男監督の作品を何本かDVDで発見したのよ。ものすごく心がときめいたわ!もう、圧倒されてしまったの。なんという普遍性、なんという詩情、そして信じられないほどの芸術性の高さ!そこで語られているのは、人間の感情についてなのだけど、それについて登場人物のすべてが生き生きと表現しているの。これは日本映画としては珍しいことに私は思えるわ。1950年代に製作された成瀬監督の作品を同じ週に3本見たけれど、目のくらむような感動の時間だったわ。

    ヴォーグ・ニッポン 2008年3月号 カトリーヌ・ドヌーヴ

    一流になるためには、一流のものに触れ合わなければなりません。ずっと第一線で活躍する映画女優の凄味。いや、カトリーヌ・ドヌーヴという人は、もはや芸術家の域に達しているのではないでしょうか?イヴ・サンローランという芸術家に愛され、ただ美しいだけではない創造性を突き詰めた人。

    「美しいということは、色々なことを制御しないと、その美しさを発散することによって、あなたの美は、倦怠と陳腐さに包まれてしまいます」。美しい芸能人が、やがて人々から倦怠され、ツイッターやインスタで、自撮り写真自慢(=ジドリアン)に走る。それも自虐的に「ダメでしょ?このシャメ。」なんて言いながら、褒められることを欲しているその浅ましさ(そして、褒める阿呆もいるわけ)。僅か1分で作り出せる反響に身を任せるものの、その人生は守銭奴の人生にしか成りません。こういう人々が、カトリーヌ・ドヌーヴ様について語ることに対して一言、反吐が出ます。



    昼顔香水はこの2つです

    883

    セヴリーヌが愛用している香水は何でしょうか?

    セヴリーヌが、友人からパリに残る売春宿の存在を知った日から、彼女の中に何かが生まれました。彼女は知ってしまったのです。それは、女性にとってよくあることなのですが、危険水域を越えずにはいられない願望なのでした。売春宿で働いてみたい。その妄想が自分の心を支配し、バスルームで香水のボトルに腕が触れ、床に落下した香水の蓋が取れ、香りの水がぶちまけられます。

    そして、我に返るセヴリーヌ。「どうかしてるわ。私・・・」と。しかし、その香水が落下したとき、彼女の中で何かが壊れた瞬間なのでした。その時画面上に現れる2つの香水。落下した香水は、ゲランシャリマーのコロンです。そして、その隣にあるのが、同じくゲランのミツコです。



    ページ:

    1

    2 3 4

    関連記事

    1. 2018年春夏おすすめラグジュアリーバッグPART6<シャネル>…
    2. オードリー・ヘプバーン30 『昼下りの情事』2(2ページ)
    3. グレース・ケリー10 『真昼の決闘』(3ページ)
    4. オードリー・ヘプバーン15 『シャレード』2(2ページ)
    5. 2018年春夏おすすめラグジュアリーバッグPART10<ディオー…
    6. オードリー・ヘプバーン22 『おしゃれ泥棒』1(2ページ)
    7. リチャード・ギア3 『アメリカン・ジゴロ』3(2ページ)
    8. オードリー・ヘプバーン14 『シャレード』1(2ページ)

    このページに関連した記事一覧

    女性目線の男磨き

    PAGE TOP