究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【ジバンシィ】キセリュズ(アルベルト・モリヤス)

アルベルト・モリヤス
©Givenchy Beauty
アルベルト・モリヤスジバンシィブランド調香師香りの美学
この記事は約5分で読めます。

キセリュズ

原名:Xeryus
種類:オード・トワレ
ブランド:ジバンシィ
調香師:アルベルト・モリヤス
発表年:1986年
対象性別:男性
価格:不明
販売代理店ホームページ:ベルコスメ

【全品P3倍×最大300円クーポン】【送料無料】キセリュズ 2ml ジバンシイ/香水/オードトワレ/メンズ(男性用)/GIVENCHY/ ジバンシィ キセリュズ【ブランド お試し 小分け セール sale 人気 プレゼント】

価格:804円
(2022/2/9 17:37時点)
感想(0件)

スポンサーリンク

YSLの「クーロス」に抗議された香り。

©Givenchy Beauty

1984年にジバンシィから発売されたウィメンズ・フレグランス「イザティス」はドミニク・ロピオンにより調香されました。そして、そのカップリング・フレグランスとして1986年に発売されたのがアルベルト・モリヤスにより調香された「キセリュズ」でした。

非常に読みにくい不思議な名前のこの香りは、元々「Keryus」の名で発売される予定でした。語源はギリシャ語の「Κύριος/Kyrios」であり、〝主、支配者、マスター〟を意味し、既に少しばかりボトルが製造されていました。

しかし、イヴ・サンローランの「クーロス」(1981)とそっくりな名の響きのため抗議され、ギリシア神話風の「キセリュズ=Xeryus」に変更されたのでした。そのため最初の頃の「キセリュズ」のボトルは、「Keryus」の名の上にステッカーが貼られたものでした。

受難の末に生み出されたアロマティック・フゼアの香り、それが「キセリュズ」なのです。

スポンサーリンク

アロマティック・フゼアの最後の名香のひとつ

©Givenchy Beauty

1988年にダビドフの「クールウォーター」が、革命的なアクアティック・フゼアを流行させ、当時メンズ・フレグランスにおいて王道だったアロマティック・フゼアの終焉への扉を開きました。そして、1992年のイッセイミヤケの「ロー ドゥ イッセイ」のマリンノートが、そんな流れを決定的なものにしました。

メンズ・フレグランスが〝重いものから軽いものになる〟革命前夜に発売されたこの香りは、アロマティック・フゼアの真骨頂とも言えるフレッシュなシトラス&ハーブと、ラベンダー、ヴァイオレットによるフゼアの輝きからはじまります。

とにかくトップノートから、21世紀の香りのはじまりから終わりを10倍速で駆け巡るような展開を見せてくれます。女性に対して肉食であるというよりも、昭和に存在した男臭さが、開始5分で、全身を駆け巡ってゆきます。

そんな男が花々に包まれた瞬間、フローラル・フゼアの要素も追加されてゆくのです。特にジューシーなオレンジとバターのようなイランイランが、甘く囁く男の色気を感じさせます。一方、ナツメグ、コリアンダー、タラゴン、シナモンがスパイスな孤高の男の無口な口元を想わせてくれます。

すぐにジュニパーベリー、カーネーションなどのハーブが加わり、そこにソーピィーなゼラニウムとクリーミーかつスパイシーなサンダルウッドがすべての香料を単体で指摘できないほどにかき混ぜてゆくのです。

この香りがミステリアスな男を演出してくれるのは、「どんな香りですか?」と聞かれて答えにくい巧みなブレンドゆえなのです。

やがて、オークモスとバルサムモミ、シダー、ベチバーが存在感を増し、アロマティック・フゼアは、アンバーの深みのある甘さとスモーキーレザーを従え、(針葉樹林、土、樹皮、澄んだ空気、マイナスイオン等)清々しい森林を思わせる、滑らかな石鹸のような鋭いクリーンな余韻で包み込んでくれるのです。

フゼアが最も魅力的に輝く瞬間。それはオリエンタルの要素とシプレの要素がトライアングルのように結びつく瞬間にあります。そして、この香りのラストノートにはその瞬間が存在するのです。

2007年には「レ パルファン ミティーク」コレクションのひとつとして再調香され、再販されています。

ルカ・トゥリンは『世界香水ガイド』で、「キセリュズ」を「フローラル・フゼア」と呼び、「キセリュズは典型的な80年代半ばの香水だ。「プワゾン」「ジョルジオ」に負けまいと、大声でわめきたてている。この時代には、まるでマリアッチバンドが背後にこっそりと近づいてきて、いきなり大音量で演奏し始めるような騒々しい香水がいくつかある。」

「キセリュズも騒々しいことは騒々しいが、そこまでひどくはなく、称賛に値する複雑な作品だ。しかし変革の時代の香水なので、ほかのものと同様にクラシカルな部分とモダンな部分が混ざり合って、エラも足もある肺魚のようだ。おもしろいが、身につけるにはむずかしい香りだ。」と3つ星(5段階評価)の評価をつけています。

スポンサーリンク

香水データ

香水名:キセリュズ
原名:Xeryus
種類:オード・トワレ
ブランド:ジバンシィ
調香師:アルベルト・モリヤス
発表年:1986年
対象性別:男性
価格:不明
販売代理店ホームページ:ベルコスメ



トップノート:ラベンダー、ジャスミン、グリーンノート、レモン、ヴァイオレット、ナツメグフラワー、ベルガモット、スズラン、ローズ、マンダリン・オレンジ、イランイラン
ミドルノート:サイプレス、ジュニパーベリー、カーネーション、ゼラニウム、タラゴン、サンダルウッド、シクラメン、コリアンダー、プチグレン、シナモン
ラストノート:オークモス、バルサムモミ、レザー、ベチバー、アンバー、シダー、ムスク、インセンス

【22円OFFクーポン!】ジバンシイ キセリュズ オーデトワレ EDT SP 100ml GIVENCHY【送料無料】 【香水 メンズ】 【あす楽対応】香水 フレグランス ギフト プレゼント 誕生日 バレンタイン

価格:5,280円
(2022/2/9 17:36時点)
感想(2件)

タイトルとURLをコピーしました