究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【ゲラン】エルブ トゥルブラント(ティエリー・ワッサー)

ゲラン
ゲラン
この記事は約3分で読めます。
当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

エルブ トゥルブラント(アン ディマンシュ ア ラ カンパーニュ)

原名:Herbes Troublantes(Un Dimanche à la Campagne)
種類:オード・パルファム
ブランド:ゲラン
調香師:ティエリー・ワッサー
発表年:2016年→2021年
対象性別:ユニセックス
価格:50ml/34,650円、100ml/48,400円、200ml/69,300円
公式ホームページ:ゲラン

スポンサーリンク

今の時代だからこそ必要とされるオーデコロン

©GUERLAIN

©GUERLAIN

2016年に発売されたエクスクルーシブなコロン「アン ディマンシュ ア ラ カンパーニュ」(250ml/23,100円)は、フランス語で「田舎の日曜日」の意味を持つとても素敵な名前のコロンです。ゲランの五代目調香師ティエリー・ワッサーにより調香されました。

2021年9月1日にこのコロンは、「ラール エ ラ マティエール(芸術と貴重なる生の素材)」コレクションのリニューアルに伴い、その一員として「エルブ トゥルブラント」の名を与えられ、昇格することになりました。

「エルブ トゥルブラント」とは、フランス語で〝心を乱すようなハーブ達〟の意味です。

爽快さを感じさせるオーデコロンなら、世にたくさん溢れかえっています。女性と男性のクールネスを感じさせるオーデコロンも同じく。しかし、詩情に満ちた空気で包み込んでくれるようなオーデコロンはなかなか存在しません。

スポンサーリンク

「田舎の日曜日」の香り

©GUERLAIN

日曜日は、マルセイユ石鹸の清潔な香りがする真っ白なTシャツを羽織り、自然の中を散歩したり、のんびりと過ごすのにぴったりな時の流れです。

デルフィーヌ・ジェルク

フレッシュかつアロマティックなミントとローズマリー、セージ、オレガノ、タイムなどの摘んだばかりの野生のハーブ類の芳香からこの香りははじまります。すぐにベルガモットも加わり、心の汚れをさっぱりと洗い流してくれるように〝温かい陽気と涼やかな森の空気〟を運んでくれます。

やがて、だんだんと軽やかなホワイトムスクに包み込まれた爽やかなオレンジ・ブロッサムが、ハーブを温かく見守るように、洗い流された心に、小鳥のさえずりと小川のせせらぎを持ってきてくれます。

本当に美しいものは、短命なのかもしれません。このどこまでも自然=天然を感じさせるハーブとシトラスのバラードは、つかのまの夢のように香り立ち消えてゆくのです・・・

スポンサーリンク

香水データ

香水名:エルブ トゥルブラント(アン ディマンシュ ア ラ カンパーニュ)
原名:Herbes Troublantes(Un Dimanche à la Campagne)
種類:オード・パルファム
ブランド:ゲラン
調香師:ティエリー・ワッサー
発表年:2016年→2021年
対象性別:ユニセックス
価格:50ml/34,650円、100ml/48,400円、200ml/69,300円
公式ホームページ:ゲラン



シングルノート:カラブリア産ベルガモット、ミント、ローズマリー、オレンジ・ブロッサム、ホワイトムスク