その他

コーチ・オードトワレ (ジュリエット・カラグーゾグー/アン・フリッポ)

    香水名:コーチ・オードトワレ Coach the Fragrance オード・トワレ
    ブランド:コーチ
    調香師:ジュリエット・カラグーゾグー、アン・フリッポ
    発表年:2016年
    対象性別:女性
    価格:30ml/5,940円、50ml/9,612円、90ml/13,680円
    公式ホームページ:コーチ










    トップノート:ラズベリー・リーフ、ピンク・ペッパー、洋ナシ
    ミドルノート:ターキッシュ・ローズ、ガーデニア、シクラメン
    ラストノート:スエード、ムスク、サンダルウッド、カシュメラン

    2016年9月にコーチ(1941年創立)がブランド創立75周年を記念して発売したフレグランス。コーチのクリエイティヴ・ディレクター・スチュアート・ヴィヴァース曰く「コーチのフリー・スピリットを体現した香り」とのこと。畑違いのデザイナーに語らせるブランド・フレグランスにろくなものはありません。

    「フレッシュなペアーの香りから、ホワイトアルバローズのタイムレスでエレガントな香りが広がり、センシュアルなシダーウッドのラストノートへと続く、コントラストにあふれた香りです。」(公式ホームページより)。フローラル グリーンの香りは、ジュリエット・カラグーゾグーアン・フリッポによる調香です。

    重厚感のあるオーバル型のボトルのフロントには、ブランドを象徴する「ホース&キャリッジ」のロゴマーク、そして、コーチのハンドバッグに使用されているシルバーのターンロック(留め金)とレザータグがあしらわれています。

    キャンペーンモデルは、2年間コーチの顔をつとめているクロエ・グレース・モレッツです。軽量感溢れるヴィジュアルを撮影するのは、かつての天才フォトグラファー・スティーブン・マイゼルによるものです。

    クロエは語る「私はコーチを愛しているの・・・」もういいでしょう・・・ミランダ・カーがサマンサ・タバサについて語っていたような嘘くさいサービストークにはウンザリさせられるだけです。あと三流コピーライターがよくつける〝コーチウーマン〟という○○○ウーマン系のフレーズが並ぶ香水にもロクなものはありません。

    さぁ、あなたもコーチウーマンになろう!


    カテゴリー一覧

    女を磨くファッション・アイコン一覧

    2018/19おすすめラグジュアリーバッグ

    売れるブランド販売員の特徴

    カイエ・デ・モード目次

    PAGE TOP