究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

メル・ファーラー

オードリー・ヘプバーン

『戦争と平和』Vol.4|オードリー・ヘプバーンとリトルブラックドレス

本作の衣裳デザイナーであるマリア・デ・マッテイス(1898-1988)について、少し語らせて戴きます。イタリアの舞台及び映画の衣裳デザイナーである彼女は、本作においてアカデミー衣装デザイン賞カラー部門にノミネートされました。
2022.09.03
オードリー・ヘプバーン

『戦争と平和』Vol.3|オードリー・ヘプバーンと舞踏会ドレス

この作品は、今でこそ日本では知名度の低いオードリー・ヘプバーンの主演作の代表格である『緑の館』(1959)と『許されざる者』(1960)の二作品と並び立つ存在になっていますが、公開当時、日本では1956年度の配給収入の第4位を記録し、50年代から70年代にかけてオードリー・ヘプバーンの代表作の一つでした。
2022.09.10
オードリー・ヘプバーン

『戦争と平和』Vol.2|オードリー・ヘプバーンと軍服の男たち

オードリーがどの作品においてもほぼ一貫している〝モードの極意=美の極意〟とは、決して自慢せず、ひけらかさず、一歩引いたエレガンスを演出することが、結果的に、一歩前に押し出されたエレガンスになるという精神です。
2022.09.03
オードリー・ヘプバーン

『戦争と平和』Vol.1|オードリー ヘプバーンとユベール・ド・ジバンシィ

オードリー・ヘプバーンは、『麗しのサブリナ』の次の作品としてレフ・トルストイの名作に出演することを選んだのでした。それはオードリー初のスペクタクル超大作であり、カラー作品でした。1956年、世界中の人々は、〝永遠のプリンセス〟をカラーで拝謁する光栄に預かるのでした。
2022.09.03
オードリー・ヘプバーン

オードリー・ヘプバーンのすべて【1955】第五編|幻のファーコート

オードリー・ヘプバーンのすべて【1955】第五編(全五編)(3ページ) All About Audrey Hepburn オードリー・ヘプバーン出演作一覧 1951年 モンテカルロへ行こう 1953年 ローマの休日 ...
2020.05.10
オードリー・ヘプバーン

オードリー・ヘプバーンのすべて【1954】後編|ジバンシィのランウェイ

オードリー・ヘプバーンのすべて【1954】後編(2ページ) All About Audrey Hepburn オードリー・ヘプバーン出演作一覧 1951年 モンテカルロへ行こう 1953年 ローマの休日 195...
2019.11.29
オードリー・ヘプバーン

オードリー・ヘプバーンのすべて【1954】中編|サルヴァトーレ・フェラガモ

オードリー・ヘプバーンのすべて【1954】中編(2ページ) All About Audrey Hepburn オードリー・ヘプバーン出演作一覧 1951年 モンテカルロへ行こう 1953年 ローマの休日 195...
2019.11.29
アンドロギュヌス

オードリー・ヘプバーンのすべて【1954】前編|アカデミー主演女優賞

オードリー・ヘプバーンのすべて【1954】前編(3ページ) All About Audrey Hepburn オードリー・ヘプバーン出演作一覧 1951年 モンテカルロへ行こう 1953年 ローマの休日 195...
2020.05.10
イヴ・サンローラン

『華麗なる相続人』2|オードリー・ヘプバーンとトレンチコートとパンツルック

4ページの記事です。 作品データ 作品名:華麗なる相続人 Bloodline (1979) 監督:テレンス・ヤング 衣装:エンリコ・サバティーニ 出演者:オードリー・ヘプバーン/ベン・ギャザラ/ロミー・シュナイダー/ミシェル・フィ...
2019.11.28
オードリー・ヘプバーン

『暗くなるまで待って』1|オードリー・ヘプバーンとサマンサ・ジョーンズ

2ページの記事です。 作品データ 作品名:暗くなるまで待って Wait Until Dark (1967) 監督:テレンス・ヤング 衣装:オードリー・ヘプバーン 出演者:オードリー・ヘプバーン/アラン・アーキン/リチャード・クレン...
2020.05.10
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました