エディ・スリマンのセリーヌ香水9種類徹底解剖!

マンダリナ コルシカ (クエンティン・ビスク)

その他
その他 ブランド ラルチザン 調香師 香りの美学
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

香水データ

香水名:マンダリナ コルシカ Mandarina Corsica オード・パルファム
ブランド:ラルチザン
調香師:クエンティン・ビスク
発表年:2018年
対象性別:ユニセックス
価格:100ml/21,450円


トップノート:マンダリン・オレンジ、ビター・オレンジ
ミドルノート:イモーテル、ヘディオン、ジャスミン、オレンジ・ブロッサム、メルトール
ラストノート:トンカビーン、シナモン、サンダルウッド、バニラ、キャラメル

ラルチザン マンダリナ コルシカ
created by Rinker

スポンサーリンク

香水広告フォト&動画


スポンサーリンク

香水についての解説


プーチ社に買収後(2015年)の新生ラルチザンが打ち出した新コレクション「レ ペイザージュ」。それは、フランス各地を調香師たちが旅し、その美しい風景と大地、そして、美しい花々や植物などから着想を得た〝香りの絵葉書〟です。

そんなコレクションの第三、四弾として2018年に同時発売された2作品のうちのひとつが「マンダリナ コルシカ」です。その意味は、フランス語で「コルシカ島のマンダリン・オレンジ」です。ちなみにもうひとつは、日本では発売されなかったアン・フリッポによる「モン ド ナルシス」です。

シトラス・グルマンの香りは、ジボダンのクエンティン・ビスクによって調香されました。太陽に燦燦と照らされるコルシカ島サンジュリアーノ村(年間340日晴れる街バスティアの近くにある)で育ったマンダリン・オレンジの砂糖漬け。この香りのテーマは、同じ素材から真逆の香りを搾り出し、ブレンドするということです。それは砂糖漬けされた甘いオレンジと、酸っぱい新鮮なビター・オレンジにトンカビーンを絡め合わせ、両面の魅力を引き立たせるという奇跡をやってのけた香りです。

結果的に、新時代のグルマンとも言えるこの香りを特徴づけているのは、メープルシロップのような香りのイモーテルです。このイモーテルが、キャラメルと共鳴し、トンカビーンによって、二種類のオレンジの香りと結び付けられ、独特なグルマンを創造させたのでした。

それはクエンティンが、2016年と2018年にティエリー・ミュグレーエンジェルの派生ヴァージョンを生み出した経験から生み出された香りとも言えます。

日本においては、2019年10月20日から23日にかけて伊勢丹新宿で開催された「イセタン サロン ド パルファン」において限定販売されました。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました