エディ・スリマンのセリーヌ香水9種類徹底解剖!

アン エール ド ブルターニュ (ジュリエット・カラグーゾグー)

その他
その他 ブランド ラルチザン 調香師 香りの美学
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

香水データ

香水名:アン エール ド ブルターニュ Un Air de Bretagne オード・パルファム
ブランド:ラルチザン
調香師:ジュリエット・カラグーゾグー
発表年:2017年
対象性別:ユニセックス
価格:100ml/21,450円
販売代理店ホームページ:大丸松坂屋オンラインショッピング


トップノート:ベルガモット、柑橘類
ミドルノート:カロン、ネロリ
ラストノート:サイプレス、アンバーグリス、シダー、海草

スポンサーリンク

香水広告フォト&動画



スポンサーリンク

香水についての解説


プーチ社に買収後(2015年)の新生ラルチザンが打ち出した新コレクション「レ ペイザージュ」。それは、フランス各地を調香師たちが旅し、その美しい風景と大地、そして、美しい花々や植物などから着想を得た〝香りの絵葉書〟です。

そんなコレクションの第ニ弾として2017年に同時発売されたのが「アン エール ド ブルターニュ」です。その意味は、フランス語で「ブルターニュの風」です。

大西洋の荒々しい波しぶき、砂丘に咲く逞しい花、潮の流れの速い海に反射する月明かり、島々の緑を育む雨といったブルターニュ地方の多彩な風景をイメージしたウッディ・アロマティックな香りは、IFFのジュリエット・カラグーゾグーによって調香されました。

藻に覆われた岩に、大波が打ち寄せた時のミネラルの香りを、カロンと爽やかな海草の香りを中心に浮かび上がらせています。そこに、太陽や月光を思わせる華やかなネロリを絡み合わせ、ラストは、アンバーグリスとサイプレスがカロンとブレンドされ、〝波しぶき〟が生み出すマリンノートの余韻を生み出します。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました