究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【サムライ】アラン・ドロンとトレンチコートの美学

アラン・ドロン
アラン・ドロン 女性目線の男磨き
この記事は約3分で読めます。

【サムライ】

Le Samouraï 1960年代のアラン・ドロンは、世界一美しい男と呼ばれていた。そんな黄金期のドロンが、犯罪映画の名匠ジャン=ピエール・メルヴィルと生み出した「男への挽歌」。日本のサムライの生き様を、フランスの暗黒街の殺し屋に当てはめた「殺し屋の美学」映画の元祖です。

アクアスキュータムのトレンチコートとフェドーラ帽姿のドロンの姿が、永遠のメンズ・アイコンになった作品。生まれてはじめて愛してしまった女性の暗殺依頼を受けたとき、彼ははじめて殺しの現場で、フェドーラ帽を脱ぎ=マイ・ルールを破り、返り討ちにあうのでした。

le-samouraicc88

2016年5月27日発売Blu-ray&DVD『サムライ』予告編(字幕なし)

剣道の道場のような静謐なる空気に包まれたアパートメントの一室でひっそりと生活する男がそこにはいた。部屋にこだまするのはただ小鳥のさえずりのみ。その男の名をジェフ・コステロと言います。彼の住む世界には色彩が存在しません。そして、言葉もそれほど多く存在しません。

そんな世界に突如現れた美しき女豹のような黒肌の歌姫ヴァレリー。この作品の主人公はこの二人です。『サムライ』とは、多くを語らない男と女の恋の寓話なのです。

ヴァレリーとジェフの出会いは、ナイトクラブのバックステージでした。それは丁度ジェフが殺しを終え出てきた時のことでした。ヴァレリーはジェフを目撃したことを警察に伝えません。ジェフはなぜ彼女がそうしたのか理解できません。彼女自身も自分がなぜそうしたのか理解できません。こうして二人の恋ははじまりました。しかし、無情な暗黒街の指令により、ジェフはヴァレリーの殺害を命じられるのでした。

アラン・ドロンが〝男〟を演じた映画の金字塔であり、メンズ・ファッションに与えた影響は爆発的な作品です。その爆発的なポイントは以下の四点です。

  1. 永遠のトレンチコート・アイコン
  2. 永遠のチェスターフィールド・アイコン
  3. フェドーラ帽の教科書
  4. 男の作法の手引書

ファッション・ムービーの鉄則。それは、その登場人物の所作を見ているだけで幸せになれる映画のことを指します。『サムライ』はそういう意味において間違いなく「男のためのファッション・ムービー」の頂点に位置する作品です。

作品データ

作品名:サムライ Le Samouraï (1967)
監督:ジャン=ピエール・メルヴィル
衣装:クレジットなし
出演者:アラン・ドロン/ナタリー・ドロン/カティ・ロシェ

タイトルとURLをコピーしました