究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【ペンハリガン】オスタラ(ベルトラン・ドゥショフール)

ブランド
ブランドベルトラン・ドゥショフールペンハリガン調香師香りの美学
この記事は約5分で読めます。

オスタラ

原名:Ostara
種類:オード・トワレ
ブランド:ペンハリガン
調香師:ベルトラン・ドゥショフール
発表年:2015年(廃盤)
対象性別:女性
価格:50ml/15,120円、100ml/21,660円

【4000円offなどクーポン発行中 6/24 9:59まで】 【送料込み(沖縄・離島を除く)】 オスタラ ロールオン (箱なし) EDT 7.5ml 【ペンハリガン】【香水 フレグランス】【】【PENHALIGON’S OSTARA ROLL ON EAU DE TOILETTE ROLL ON】

価格:4,329円
(2021/5/30 10:03時点)
感想(0件)

スポンサーリンク

「春」がボトルの中につまっている香り

皇帝ベルトラン・ドゥショフール。

谷を越え山を越えて空高く流れてゆく
白い一片の雲のように、私は独り悄然としてさまよっていた。
すると、全く突如として、眼の前に花の群れが、
黄金色に輝く夥しい水仙の花の群れが、現れた。
湖の岸辺に沿い、樹々の緑に映え、そよ風に
吹かれながら、ゆらゆらと揺れ動き、踊っていたのだ。

夜空にかかる天の川に浮かぶ
燦めく星の群れのように、水仙はきれめなく、
入江を縁どるかのように、はてしもなく、
蜿蜒と一本の線となって続いていた。
一目見ただけで、ゆうに一万本はあったと思う、
それが皆顔をあげ、嬉々として踊っていたのだ。

入江の小波もそれに応じて踊ってはいたが、さすがの
燦めく小波でも、陽気さにかけては水仙には及ばなかった。
かくも歓喜に溢れた友だちに迎えられては、いやしくも
詩人たる者、陽気にならざるをえなかったのだ!
私は見た、眸をこらして見た、だがこの情景がどれほど豊かな
恩恵を自分にもたらしたかは、その時には気づかなかった。

というのは、その後、空しい思い、寂しい思いに
襲われて、私が長椅子に愁然として身を横たえているとき、
孤独の祝福であるわが内なる眼には、しばしば、
突然この時の情景が鮮やかに蘇るからだ。
そして、私の心はただひたすら歓喜にうち慄え、
水仙の群れと一緒になって踊り出すからだ。

「水仙」ウィリアム・ワーズワース 1804年(平井正穂訳)

オスタラ」とは、イースター(=復活祭)の語源でもあるゲルマン民族の春の女神です。そして、豊潤の女神でもあります。そんな春の女神のイメージを、ウェールズの国花のひとつであり、英国を象徴する花のひとつラッパスイセンに託したのが、この香りです。

それは調香師のベルトラン・ドゥショフールがロンドンの王立植物園キューガーデンで遭遇した一面に広がるラッパスイセンの花畑に驚嘆したことからはじまりました。その風景が、彼の子供時代に慣れ親しんだ(フランスの)オーヴェルニュ地方の水仙畑を思い出させたのでした。

球根からつぼみを経て、花が咲くまでのラッパスイセンの一生を、春の訪れに投影しようという試みは大変なものでした。なぜなら、水仙からは精油が抽出できないからです。

ペンハリガンのまぼろしの名香

水仙からは精油が抽出できないので、ヒヤシンス、ツタウルシ、イランイランによってその香りを表現することにしました。

そして、朝露をシクラメン、日の輝きをレッドベリーとブラックペッパーにより表現し、太陽の下で踊るように黄色く輝くラッパズイセンの生命感を生み出そうと思いました。だからこそ、新鮮な緑の香りもとても重要だと考えました。

ベルトラン・ドゥショフール

アルデハイドの爽やかな春風と共に、ヴァイオレットリーフ、ジュニパー、スペアミントの涼しさと、ブラックカラント、レッドベリー、ベルガモットの甘酸っぱさが、鮮やかなコントラストを描く、フレッシュなつぼみの水仙が揺れるようなトップノート(ちなみにブラックカラントとレッドベリーは二酸化炭素抽出法により抽出されたもの)からこの香りははじまります。

すぐに水仙畑のつぼみの花が開くように、水仙とヒヤシンスの香りが踊り始めます。イランイランとビーズワックスが、ラッパズイセンの黄色い色彩を香りの中で鮮明なものにしてくれます。

それはまるで、ふわふわと白い雲が浮かぶ青空の下の新緑の牧草地の一角にある、水仙畑のラッパズイセンが大合唱をはじめているかのようです。そして、ムスキーさを背景に、バニラ、ベンゾイン、ビーズワックスがほんのりと香りに甘さを加えてくれます。

この香りには、暗い要素は微塵も存在しません。小鳥と蜜蜂が春の訪れを伝えてくれるような香りです。それはどこかあの『リボンの騎士』のラッパの中から小鳥が飛び立ち、花々が咲き乱れていくオープニングのファンタジックなお花畑さえも連想させてくれます。

間違いなく「春」を体現した香りの最高傑作のひとつであり、今となっては幻のペンハリガンの名香です。

スポンサーリンク

香水データ

香水名:オスタラ
原名:Ostara
種類:オード・トワレ
ブランド:ペンハリガン
調香師:ベルトラン・ドゥショフール
発表年:2015年
対象性別:女性
価格:50ml/15,120円、100ml/21,660円


トップノート:ベルガモット、クレメンタイン、ジュニパー、ミント、ブラックカラントブロッサム、ヴァイオレット・リーフ、グリーンリーヴス、アルデハイド、ピンクペッパー
ミドルノート:水仙、ヒヤシンス、イランイラン、シクラメン、サンザシ、ウィステリア、ビーズワックス
ラストノート:エゴノキ、バニラ、ベンゾイン、ムスク、アンバー、ホワイトウッド

ペンハリガン オスタラ EDT SP 100ml ペンハリガン PENHALIGON`S【送料無料】 レディース【あす楽対応】香水 フレグランス ギフト プレゼント 誕生日 父の日

価格:10,065円
(2021/5/30 10:03時点)
感想(0件)

タイトルとURLをコピーしました