その他

ジェーン・ラッセル2 『紳士は金髪がお好き』6(3ページ)

    作品名:紳士は金髪がお好き Gentlemen Prefer Blondes (1953)
    監督:ハワード・ホークス
    衣装:ウィリアム・トラヴィーラ
    出演者:マリリン・モンロー/ジェーン・ラッセル/チャールズ・コバーン/トミー・ヌーナン

    強烈な美脚全開のリゾート・ファッション

    鮮やかなターコイズブルーの配色。

    美脚全開のリゾート・ファッション。

    50年代を感じさせるファッションだが・・・

    個性のヒントはこういった昔のファッション・センスに転がっているものです。

    ワードローブ・テスト。

    ジェーン・ラッセル・ルック7  ショートパンツ
    • ターコイズ・ブルーのワンピース水着
    • 白のショートパンツ
    • 白×ターコイズブルー(白ポルカドット)のショートガウン
    • 白のストラップサンダル
    • シルバーバングル
    • 特徴のあるイヤリング

    インターネットの完全普及により、過去のファッションが容易に見れる現代において、「トレンド」というものは、情報弱者に対するアパレル産業のマーケティング戦略になり果てました。

    今ではファッション感度の高い人は、「これが今のトレンドなんです」と言われると、その販売員に対して「まだそんな古臭い販売方法でやっていける店なんですね」と感じてしまい、速やかに撤退を決意させる一言になっています。ファッションは、もはやトレンドの殻を突き破り、個性の旅に出ているのです。

    今では、勉強不足な販売員ほど、どのお客様に対してでも「トレンド」という言葉を使いたがるようになっています。一方、本当にファッション感度の高い販売員は、情報弱者のお客様と、ファッション感度の高いお客様を見極めます(それは決して何を身に着けているか?ということだけの問題ではない)。そして、前者には、「トレンド」という言葉をクロージングの武器として使用し、後者に対しては、「トレンド」という言葉を記憶の彼方に葬り去ります。

    合計三着のブラックドレスを着たジェーン・ラッセル

    ブラックドレスにグレーのファーストールの絶妙なバランス。

    ファム・ファタールっぷりを演出するVカット。

    黒いドレスを着ると、赤い口紅が特に際立ちます。

    黒のロングドレスは、長身長にだけ似合うという見本。

    ジェーン・ラッセル・ルック8  ストラップレスドレス
    • ブラック・ホルターネックドレス
    • グレーのファーストール
    • 水晶のブレスレット

    ホルターネックドレス、ローブデコルテドレス、ストラップレスドレスと、三着のブラックドレスに身を包むジェーン・ラッセル。ドレスそれぞれによって、見事にイメージが違います。

    それにしても、ファー、レース、スパンコールといった要素が、女性に与える影響を的確に示してくれるスタイリングです。ブラックドレスにファーは、女性にファム・ファタールな妖しい魅力を与え、レースは、敬虔な貞淑さを与え、スパンコールは、「私を見て!そして、食べて!」オーラを放つのです。

    ハイネックのグリーンニットドレス

    肩口とスカート部分にくるみボタンでアクセントを。

    1950年代の映画には、多くのグリーンドレスが登場します。

    ジェーン・ラッセル・ルック9  グリーンドレス
    • グリーンドレス、肩口に2つの白のあて布とくるみボタン




    ページ:

    1

    2 3

    カテゴリー一覧

    ファッションアイコン(女優編)

    PAGE TOP