究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【ゲラン】イリス トレフィエ(デルフィーヌ・ジェルコ)

その他
その他 ゲラン ブランド 調香師 香りの美学
この記事は約3分で読めます。

イリス トレフィエ

原名:Iris Torréfié
種類:オード・パルファム
ブランド:ゲラン
調香師:デルフィーヌ・ジェルコ
発表年:2020年
対象性別:ユニセックス
価格:75ml/35,200円

スポンサーリンク

コーヒー豆神話を破壊する香り


2005年、パリ・シャンゼリゼ通り68番地のゲラン本店のリニューアルオープンを記念して発売された「ラール エ ラ マティエール(芸術と貴重なる生の素材)」コレクション。

この〝世界で最も貴重な原料を使ってゲランのパッションを表現して欲しい〟というコンセプトにより生み出されるコレクションの第十三弾として、2020年10月1日から発売される「イリス トレフィエ」は、アイリスを主題にした香りです。

「トレフィエ」の意味は、フランス語で「焙煎する」です。ゲランのサブ調香師の役割を果たしているデルフィーヌ・ジェルコにより調香されました。

まず最初に、この香りは極めて純粋に焙煎されたコーヒー豆の香りがします。ということは、ひとつ疑問が浮かびます。香水ショップにはいくつか香りを嗅ぐと、嗅覚をリセットするためにコーヒー豆を嗅いでもらう習慣があるのですが、コーヒー豆の香りが入っているということは、絶えず嗅覚がリセットされてしまうのではないかという恐れです。

しかし、心配無用です。コーヒー豆には嗅覚をリセットする根拠は全く存在せず、調香師が嗅覚をリセットするときには決してこの方法は行わず、肘の内側を嗅ぎ、自分の肌の匂いで鼻をリセットするようにしています。

口紅と珈琲がくちづけを交わす瞬間

ティエリー・ワッサーとデルフィーヌ・ジェルコ

口紅をつけた女性が、パリのカフェテリアで、焙煎されたホットコーヒーを飲む瞬間の〝口紅と珈琲がくちづけを交わす瞬間〟を、アイリスパリダバターとコーヒー(カルダモンによりややスパイシー)により表現した香りです。

この香りはびっくりするほどそのテーマに忠実に、アイリスパリダのパウダリーさのすぐ後に、コーヒーの香ばしい香りが襲来してきます。しかし、この香りの素敵な所、そして、ゲランらしい所は、コーヒーの香りと同時にベルガモット・ティーの香りを潜ませている所にあります。

さぁ、ゲルリナーデのスイッチが押されました。しかし、バニラのスイッチだけはカルダモンにより制御されているようです。アンブレットとサンダルウッドのクリーミーさが、アイリスパリダと弱まるコーヒーに優しく重なり合います。

男性がこの香りを身に纏うと、それは珈琲を飲んだ貴婦人のキスを身に纏うような香り立ちに包まれることになります。

恐らく幻の香り「アイリス ガナッシュ」のようにアイリスパリダバターの不安定な供給のためにすぐに廃盤になる可能性のある香りです。

スポンサーリンク

香水データ

香水名:イリス トレフィエ
原名:Iris Torréfié
種類:オード・パルファム
ブランド:ゲラン
調香師:デルフィーヌ・ジェルコ
発表年:2020年
対象性別:ユニセックス
価格:75ml/35,200円


トップノート:カルダモン、ベルガモット、コーヒー
ミドルノート:アイリスパリダ、アンブレット
ラストノート:バニラ、アンバー、サンダルウッド、レザー、オポポナックス

タイトルとURLをコピーしました