究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

グッチ 青山/銀座/新宿【全国フレグランス聖地ガイド】

全国フレグランス聖地ガイド
©GUCCI
全国フレグランス聖地ガイド香りの美学
この記事は約4分で読めます。

グッチ 青山/銀座/新宿

場所 東京・青山/銀座/新宿

この三店舗でのみ「ザ アルケミスト ガーデン」という最上級ラインが取り扱われていることを皆様ご存知でしょうか?とても魅力的な10種類の香りがそこにはあります。ただひとつ残念なことは、この商品について説明できる販売員の方がどこにもおられないことです。グッチにもルイ・ヴィトンのようなフレグランス・エキスパートの存在が必要でしょう。3万円を超えるラグジュアリー・フレグランスの販売は、浅知識で売れるバッグや財布ほど、甘くないことを知らなければなりません。

スポンサーリンク

わずか三店舗でのみ取り扱いがある「錬金術師の庭」

2019年5月21日より、グッチ青山、新宿、銀座の三店舗限定で発売されているのが、グッチの新たなラグジュアリー・フレグランス・コレクションである「ザ アルケミスト ガーデン」です。それは、「グッチ ブルーム」シリーズの成功に乗り、クリエイティヴ・ディレクターのアレッサンドロ・ミケーレと調香師アルベルト・モリヤスが生み出した、グッチの世界観を突き詰めた「究極のグッチの香り」です。

「錬金術師の庭」の意味を持つこのコレクションは、オードパルファム10種類(100mL 39,600円)、パフュームオイル4種類(20mL 49,500円)、パフュームウォーター3種類(150mL 27,500円)、キャンドル1種類(425g 55,000円)という豊富なラインナップ(=お客様を迷わせてしまうほどに)とかなりのハイプライスです。

グッチは、ミケーレ王朝(2015年から)以降、新型コロナウイルス以前のインバウンドの爆買い効果もあり、もっとも人気の高いラグジュアリー・ブランドのひとつとして売り場面積を、各地で拡大しています。

そして、路面店には、ウェルカムパーソンを配し、どのブランドよりも、訪問客の満足度を高める努力をしているのですが、そこに大きな問題点がひとつ生まれています。

それは、急激な販売員の雇用の必要性により、ラグジュアリー・ブランドの販売員として的確なトレーニングをうけていない販売員が増加していることです。それは崩壊しつつある研修制度の弊害によるものとも言えるのですが、グッチというラグジュアリー・ブランドの歴史や、ファッション・シーンをしっかりと学ばずに、ただただ「ミケーレが」やら「トレンドは」という言葉を連呼するだけで誤魔化せると勘違いしている、ファッションIQが著しく低い販売員が多く存在しています。

ラグジュアリーブランドの販売員にとって、無知を人当たりの良さでカバーするという考えは、非常に危険です。それはブランドに必ず存在するブームというものが過ぎ去ると、一瞬で底が知れてしまうからです。

今グッチが売れているのは、販売員の販売力ではなく、ブランド力によるものだという事を認識しておかないと駄目です。

スポンサーリンク

フレグランス愛のない販売員はすぐにバレてしまうもの

ザ アルケミスト ガーデン」は、東京の三店舗でのみ取り扱われているのですが、どの店舗にもフレグランスに対する知識が豊富な販売員は存在しません(基本知識さえもなく、トレーニングは全く行われていない)。

シューズ、バッグ、アクセサリーなどと掛け持ちで担当するのはしょうがないにしても、この価格帯の商品を売るための、フレグランスの知識が全くないことが残念でなりません。

(コロナ自粛の期間を境に)お客様のフレグランスIQが高まっている今、3万円以上のグッチ・フレグランスを販売する販売員に求められる最低限の要素は以下の五点です。

  1. 扱っている商品について、ウェブ検索なども駆使し、120%理解する(満足のいく資料が会社から配布されないことを言い訳にしない)。
  2. 旗艦店の販売員のプライドにかけて、間違ってもお客様より、商品知識が劣ることはあってはならないこと。そして、ひとつひとつの香りについて物語を語るように説明できること。
  3. 他ブランドの同価格帯のフレグランスについては、理解しておくこと(勿論、自分自身の足で訪れ、いくつか購入すること)。
  4. フレグランスの基礎知識は叩き込んでおくこと。
  5. フレグランスを愛すること。

基本的に、いかなる商品販売に関しても言える事なのですが、説明のできない(しない)販売員は、その商品の分野に対する愛が薄く、ウィズコロナの時代に突入し、人々は、愛のない商品を直接購入したいという気持ちが減退しています(であるならば、じっくり考えて、ウェブで購入しようと考える傾向にある)。

グッチの素晴らしい所は、(販売員のアパレルに関する知識は総じて低いのですが)人当たりの良さは、全ブランドでも突出しているところにあります。だから、エルメスのように入店にあたり、敷居の高さを感じさせる要素はありません。特に、新宿店の客層よりも、銀座・青山店の客層のほうが、優雅にフレグランスを堪能できる空間を演出してくれています。

今のところ、「ザ アルケミスト ガーデン」は、カイエデモードの解説ページをご閲覧頂きながら、各店舗を訪れ、じっくり試香した上で、ご購入して頂くことをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました