アクア・ディ・パルマ

コロニア・プーラ (フランソワ・ドゥマシー)

    香水名:コロニア・プーラ Colonia Pura オード・パルファム
    ブランド:アクア・ディ・パルマ
    調香師:フランソワ・ドゥマシー
    発表年:2017年
    対象性別:ユニセックス
    価格:50ml/13,500円、100ml/18,500円




    トップノート:ベルガモット、オレンジ、プチグレン
    ミドルノート:マツリカ、スイセン、コリアンダー、ジャスミン
    ラストノート:パチョリ、シダー、ホワイト・ムスク

    1916年に作られた最初の香りである「コロニア・コロン」は、1930年代と50年代にヨーロッパとアメリカにおいて爆発的ヒットとなり(ハリウッド映画がローマのチネチッタで撮影する機会が増えるにつれて、ハリウッド・スター達がイタリアン・ブランドに対する偏愛を高めていった)、ケーリー・グラントデヴィッド・ニーヴンに愛用されるようになりました。そのコンセプトは、〝人生を謳歌するイタリア男性に捧げる香り〟でした(オードリー・ヘプバーンエヴァ・ガードナーにも愛用される)。

    そんな「コロニア・コロン」の香りをベースに、清涼感をプラスした本作は、フローラル・ウッディー・ムスクの香りです。LVMHグループの傘下に入った事実を象徴するかのように、同グループのディオールの専属調香師フランソワ・ドゥマシーによる調香です。

    「コロニア・プーラ」とは、イタリア語で「純粋なコロン」の意味です。爽快なシトラスからはじまり、スイセンやジャスミンといったフローラルに想定外のコリアンダー=スパイシーが絡み合います。そしてパチョリ、シダーの温かみを経て、ホワイト・ムスクによりドライダウンしていきます。


    2016年10月17日に、ラウラ・ ブルデゼがアクア・ディ・パルマの新CEOに就任しました(前歴は、カルバン・クラインのウォッチ&ジュエリー社長(2012~2016)であり、ロレアル等でも経験を積んでいる)。そんな彼女が、就任早々開始したのが、アクア・ディ・パルマというブランドの若返りです。

    そして、そのための最初の一歩として生み出されたのがこのフレグランスでした。

    それはアクア・ディ・パルマのアイコニック・フレグランスである「コロニア・コロン」が、誕生101年目を迎えて示した現代に対する転生だったのです。



    カテゴリー一覧

    ファッションアイコン(女優編)

    PAGE TOP