その他

キャプシーヌ2 『ピンクの豹』4(3ページ)

    作品名:ピンクの豹 The Pink Panther (1963)
    監督:ブレイク・エドワーズ
    衣装:イヴ・サンローラン
    出演者:ピーター・セラーズ/デヴィッド・ニーヴン/クラウディア・カルディナーレ/キャプシーヌ/ロバート・ワグナー

    少しだけ登場するギリシア神話風ドレス


    シモーヌ・クルーゾー・ルック7 ホワイトデイドレス
    • ホワイトデイドレス、ベルト、ハーフスリーブ、パネルマント、美しいドレープ
    • パールカラーのローヒールパンプス

    カラスのようなスキールック

    キャプシーヌのスキールックはシックそのもの。

    全身黒づくめで、首元にファーという非実用的なデザインです。


    シモーヌ・クルーゾー・ルック8 スキー・ルック
    • 白×黒のファースキー帽
    • レザーウインドブレイカー、首周りにファー
    • ブラックのスリムパンツ
    • ブラックのレザーグローブ
    • 白のタートルネック

    タートルネックが流行中の1963年。

    タートルネックを着る二人。ロバート・ワグナーと。

    タートルネックの着こなしのヒントがつまっています。

    デヴィッド・ニーブンとキャプシーヌ。

    シモーヌ・クルーゾー・ルック9 タートルネック
    • Vネックブラックニット
    • 白のタートルネック
    • 黒のカチューシャ
    • パールのイヤリング

    キャプシーヌが、Vネックのブラックニットの袖から、純白のタートルネックの袖を覗かせるように着ている一方で、ブラウンのタートルネックに、ライトブラウンのリブ編みセーターをレイヤードしているロバート・ワグナーは、決して袖の下から別の袖を覗かせません。

    これは忘れがちなスタイリングの基本なのですが、薄い色の下に濃い色をレイヤードする場合は、袖からその色を見せると全く野暮ったく見えるものなのです(典型的な例として挙げられるのが、メンズスタイルにおけるホワイトスーツにダークシャツ)。



    ページ:

    1

    2 3

    カテゴリー一覧

    ファッションアイコン(女優編)

    PAGE TOP