究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【ジミー チュウ】ジミー チュウ マン シリーズの全て

ジミー・チュウ
©JIMMY CHOO
ジミー・チュウブランド香りの美学
この記事は約2分で読めます。

ジミー チュウ マン

Jimmy Choo Man ラグジュアリー・シューズブランドとして、2008年に初登場したスター・スタッズと共に一大旋風を巻き起こしていたジミー・チュウが初のメンズコレクションを発表したのは2011年秋冬コレクションからでした。そして、同年、初めてのフレグランス・ラインはウィメンズからはじまりました。

これは意外に知られていないことなのですが、ラグジュアリー・シューズ・ブランドとして、はじめてフレグランス・ラインを発売したのはジミー・チュウでした(サルヴァトーレ・フェラガモは、今ではトータル・ファッション・ブランドなので除外しておきます)。

そして、2014年にはじめてのメンズ・フレグランスが発売されることになりました。

スポンサーリンク

もしかしたら世界中でもっとも必要のない香り

©JIMMY CHOO


その香りのイメージは、クロコダイルモチーフが型押しされたボックスやキャップのイメージが示すように、足元に宿る野生のエッセンスをフレグランスまでに!というコンセプトです。

アン・フリッポミシェル・アルメラックナタリー・ローソンという実力派調香師に、ブラックペッパーという共通項を軸に、ジミー・チュウが似合う男性像をイメージした香りを創ったのが「ジミー チュウ マン四兄弟」なのです。

ターゲット層は明らかです。フレグランス初心者の男性。もしくは、彼氏のフレグランスを探している女性。だからこそ、過度な期待は禁物です。誰からも嫌われない四兄弟がそこにいます。笑顔も爽やかで、人当たりも良い、それぞれタイプの違う四兄弟。ただし、個性的ではない四兄弟がそこにはいます。

ジミー チュウ マン四兄弟

2018年


ジミー チュウ マン ブルー (ナタリー・ローソン)

2017年


ジミー チュウ マン アイス (ミシェル・アルメラック)

2016年


ジミー チュウ マン インテンス (アン・フリッポ)

2014年


ジミー チュウ マン (アン・フリッポ)

タイトルとURLをコピーしました