究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

1999年の香り

ゲラン

【ゲラン】フィルトゥル ダムール(ジャン=ポール・ゲラン)

1999年に発売されたゲランの「フィルトゥル ダムール」は、四代目調香師ジャン=ポール・ゲランにより調香されました。「フィルトゥル ダムール」とは、フランス語で「媚薬、惚れ薬」の意味です。
2020.11.23
ゲラン

【ゲラン】チェリー ブロッサム(ジャン=ポール・ゲラン)

1999年にはじめて発売された「チェリー ブロッサム」は、当時のゲラン日本法人の社長秋元征紘(1944-)が主体となり企画し、生み出された〝日本人がはじめて関わったゲランの香り〟です。ジャン=ポール・ゲランにより調香されました。
2020.11.20
ゲラン

【ゲラン】シャマード プール オム(ジャン=ポール・ゲラン/マチルド・ローラン)

このサガンの小説とドヌーヴの映画からイメージを膨らませ、ジャン=ポール・ゲランにより、1969年に生み出されたのが「シャマード」でした。そのメンズ・ヴァージョンとして、1999年に生み出されたこの香りは、ジャン=ポール・ゲランとマチルド・ローランにより調香されました。
2020.11.18
ゲラン

【ゲラン】アクア アレゴリア イラン&バニーユ(マチルド・ローラン)

1999年に誕生した『アクア・アレゴリア』シリーズ。「イラン&バニーユ」は、その記念すべき最初の5作品のうちのひとつとして、マチルド・ローランにより調香されました。5作品の中で、最もゲランらしいフロリエンタルの香りです。
2020.11.18
ゲラン

【ゲラン】アクア アレゴリア ローザ マグニフィカ(マチルド・ローラン)

1999年に誕生した『アクア・アレゴリア』シリーズ。「ローザ マグニフィカ」は、その記念すべき最初の5作品のうちのひとつです。マチルド・ローランにより調香されました。ゲランの名香「ナエマ」の遠い血縁の、透明感(グリーン)溢れる高級な薔薇石鹸の香り。
2020.11.18
その他

【ゲラン】アクア アレゴリア ラヴァンドベロア(ジャン・ポール・ゲラン/マチルド・ローラン)

1999年に誕生した『アクア・アレゴリア』シリーズ。「ラヴァンドベロア」は、その記念すべき最初の5作品のうちのひとつです。ラベンダーではなく、パウダリーなバイオレット(すみれ)の香りです。ジャン=ポール・ゲランとマチルド・ローランにより調香されました。
2020.11.18
ゲラン

【ゲラン】アクア アレゴリア ハーバフレスカ(ジャン・ポール・ゲラン/マチルド・ローラン)

1999年に誕生した『アクア・アレゴリア』シリーズ。「ハーバフレスカ」は、その記念すべき最初の5作品のうちのひとつです。ジャン=ポール・ゲランとマチルド・ローランにより調香されました。この香りは、TRPM8(トリップエムエイト)を刺激して、ひんやりとした冷たさを感じさせてくれます。
2020.11.18
ジャック・キャヴァリエ

【ジョルジオ アルマーニ】マニア(ジャック・キャヴァリエ)

1999年に最初に発売された「マニア」です。この香りとボトルは2004年に廃盤になりました(そして、2004年にドミニク・ロピオンによる平凡な「マニア」が発売開始されました)。オリジナルはジャック・キャヴァリエによる調香です。
2020.10.26
ジャック・キャヴァリエ

【パコ ラバンヌ】ウルトラヴァイオレット(ジャック・キャヴァリエ)

ウルトラヴァイオレットとは紫外線を意味します。1999年に《ミレニアムを迎える女性》への新しい香りの提案としてパコ・ラバンヌより発売されました。スパイシー・フローラル・オリエンタルのこの香りは、ジャック・キャヴァリエにより調香されました。
2020.10.26
タイトルとURLをコピーしました