究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

ストロベリーの香り

カルティエ

【カルティエ】ルール コンヴォワテ(マチルド・ローラン)

カルティエが、2009年からスタートしたブランド初のラグジュアリー・コレクション「レ ズール ドゥ パルファン〝香水の時間〟」から、2011年に9番目に発売されたのが「ルール コンヴォワテ」です。専属調香師マチルド・ローランにより調香されました。
マーク・ジェイコブス

【マーク ジェイコブス】デイジー オーソーインテンス(アルベルト・モリヤス)

2007年にマーク・ジェイコブスは、史上初めてボトルに花びらをつけたフレグランス「デイジー」を発売しました。アルベルト・モリヤスにより調香されました。この香りのアルティメット・ヴァージョンとして、2021年9月に発売されたのが「デイジー オーソーインテンス」でした。
ジョー・マローン・ロンドン

【ジョー マローン】レッド カラント & クリーム コロン(クリスティーヌ・ナジェル)

2013年2月に発売されたフレグランス・コレクション「シュガー & スパイス」の5種類の香りすべてを調香したのは、現エルメスの二代目専属調香師であるクリスティーヌ・ナジェルでした。そのうちのひとつが「レッド カラント & クリーム コロン」でした。
美人香水100選

【資生堂】錦(フランシス・ファブロン)

1973年に、日本人形のような山口小夜子様と専属モデル契約(1986年まで)を結んだ資生堂は、同年、小夜子様のために作られたかのような「錦」を発表し、彼女がモデルとして資生堂の広告に初登場する道筋を作りました。フランシス・ファブロンにより調香されました。
ルイ・ヴィトン

【ルイ ヴィトン】エトワール フィラント(ジャック・キャヴァリエ)

2020年1月28日に発売されたルイ・ヴィトンの12作目(レ パルファン ルイ ヴィトン)のウィメンズ・フレグランス「エトワール フィラント」。ルイ・ヴィトンの専属調香師ジャック・キャヴァリエにより調香されたこの香りは、彼が少年時代に〝星に願いし夢〟を叶えた香りでもありました。
クリスチャン ルブタン

【クリスチャン ルブタン】ルビドゥー(ダフネ・ブジェ)

クリスチャン・ルブタンの訪れた場所・文化・出会った人々に着想を得た7種類の香りから成る「ルビワールド フレグランス コレクション」。「ルビドゥー」は、ダフネ・ブジェにより調香されたフローラルフルーティの香りです。
クリスチャン・ディオール

【ディオール】ルージュ トラファルガー(フランソワ・ドゥマシー)

「ルージュ トラファルガー」は、ディオールの最上級フレグランスコレクション「メゾン クリスチャン ディオール」より2020年に発売されました。実に魅力的なフルーツパチョリの香りです。ディオールの初代専属調香師フランソワ・ドゥマシーによる調香です。
ヴァレンティノ

【ヴァレンティノ】ヴァレンティナ アブソリュート(オリヴィエ・クレスプ)

「ヴァレンティナ」シリーズの第二弾として2012年に発売されたのが、「ヴァレンティナ アブソリュート」です。(背中のラインで)男性を誘惑する大人のオンナをイメージしたフルーティ・フローリエンタルの香りは、オリヴィエ・クレスプにより調香されました。
クリスチャン・ディオール

【ディオール】ミス ディオール シェリー<2011年>(フランソワ・ドゥマシー)

2005年の「ミス ディオール シェリー」の香りの少女っぽさに対する反省も踏まえ、大人っぽく甘さも抑え目に、フランソワ・ドゥマシーにより調香されました。そして、僅か1年後に「ミス ディオール オードゥ パルファン」として、再リニューアルされることになりました。
クリスチャン・ディオール

【ディオール】グリ モンテーニュ(フランソワ・ドゥマシー)

「ラ コレクシオン プリヴェ クリスチャン ディオール」のひとつとして2013年に発売され、2018年から「グリ ディオール」に名称変更されたシプレフローラルの香りは、ディオール専属の調香師フランソワ・ドゥマシーにより調香されました。
ロジェ・ガレ

【ロジェ ガレ】ローズ イマージナリー(アルベルト・モリヤス/マリー・サラマーニュ)

2012年に発売されたロジェ・ガレの「ローズ イマージナリー」は、〝想像上のバラ〟の名の通りローズの香料を一切使用せずに他の素材で、ローズの優美さを表現したローズウォーターとして、アルベルト・モリヤスとマリー・サラマーニュにより調香されました。
ジミー・チュウ

【ジミー チュウ】フラッシュ(クリスティーヌ・ナジェル)

2013年に発売されたブランド第二弾の香り「フラッシュ」は、ジミー・チュウのシューズを愛する美貌のセレブたち。そんな彼女たちに群がるパパラッチたちが発射するフラッシュをイメージして創られた香りです。現エルメスの二代目専属調香師クリスティーヌ・ナジェルによって調香されました。
クリスチャン・ディオール

【ディオール】ミス ディオール シェリー(クリスティーヌ・ナジェル)

このフレグランスが、21世紀の元祖「ミス ディオール」です。クリスチャン・ディオールの生誕100年を記念したフレグランスです。キャラメルポップコーンとストロベリーの香りは、現在のエルメスの専属調香師クリスティーヌ・ナジェルによる調香です。
ヴァレンティノ

【ヴァレンティノ】ヴァレンティナ(アルベルト・モリヤス/オリヴィエ・クレスプ)

プーチ社にがフレグランスのライセンスを買収した後、はじめて生み出されたヴァレンティノの香り「ヴァレンティナ」は、2011年9月に発売されました。それは1000回もの試作の果てにアルベルト・モリヤスとオリヴィエ・クレスプにより調香された香りです。
イヴ・サンローラン

【イヴ サンローラン】モン パリ(オリヴィエ・クレスプ/ハリー・フレモント)

「モン パリ」=「私のパリ」。2016年に、イヴ・サンローランが満を辞して出したフレグランスのニューライン「モン パリ」。フローラルシプレーの香り。オリヴィエ・クレスプ、ハリー・フレモント、ドラ・バクリッシュ・アルノによる調香です。
マーク・ジェイコブス

【マーク ジェイコブス】デイジー(アルベルト・モリヤス)

マーク・ジェイコブスは、1997年よりルイ・ヴィトンのアーティスティック・ディレクターに就任しました。そして、2003年に村上隆とコラボレーションし〝Kawaii〟デザインに目覚めました。かくして、2007年に、史上初めてボトルに花びらをつけたフレグランスが発売されたのでした。
スポンサーリンク
スポンサーリンク