究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【ロベルト カヴァリ】サーパンタイン(ジャック・キャヴァリエ)

その他
©Roberto Cavalli
その他ジャック・キャヴァリエブランド調香師香りの美学
この記事は約3分で読めます。

サーパンタイン

原名:Serpentine
種類:オード・トワレ
ブランド:ロベルト・カヴァリ
調香師:ジャック・キャヴァリエ
発表年:2005年
対象性別:女性
価格:30ml/5,500円、50ml/8,000円

スポンサーリンク

黄金の蛇ではなく、トロピカルシャワーの香り

©Roberto Cavalli

ロベルト・カヴァリがブランド初のフレグランスを発表したのが2002年でした。そして、2005年に発売されたのが「サーパンタイン」=「蛇状の」です(蛇はロベルト・カヴァリのブランド・シンボル)。

ウォーターリリーを主体に、インド神話における神への捧げ物の果実であるマンゴ・ブロッサムを使用した、夏の果実と花がブレンドされたフルーティー・フローラルの香りは、ジャック・キャヴァリエにより調香されました。

黄金の蛇が濃蜜な沼を進んでいくようなイメージではなく、爽やかなウォーターリリーとマンゴーフラワーのトロピカルシャワーを全身で浴びるようなトップノートからはじまります。

エキゾティックな南国のアクアティックなフルーティーさだけでなく、この水には明らかに甘さ以外の何かが存在します。それはハーバルなアルテミシア(ヨモギ)です。

ウォーターリリーとガーデニアがミドルまで香りを繋いでいきます。そして、ミモザとティアレの甘い南国のフローラルと結びつき、ブラックペッパーによって爽やかなスパイシーフローラルの香り立ちで包み込んでくれます。

ドライダウンは、ラズベリーをホワイトムスクとサンダルウッドで温めていくような優しい官能で包み込んでくれるロベルト・カヴァリ(蛇が二匹絡み合う黄金のボトル・デザインはカヴァリ・テイスト全開!)らしからぬさっぱりとした香りです。

キャンペーン・モデルは、ファッション・モデルのシドニー・ヘレラが起用され、マート・アラス&マーカス・ピゴットによって撮影されました。

ルカ・トゥリンは『世界香水ガイド』で、「敵に毒を盛られて、酸っぱくなった安物のウイスキー。逃げるが勝ち。」と1つ星(5段階評価)の評価をつけています。

スポンサーリンク

香水データ

香水名:サーパンタイン
原名:Serpentine
種類:オード・トワレ
ブランド:ロベルト・カヴァリ
調香師:ジャック・キャヴァリエ
発表年:2005年
対象性別:女性
価格:30ml/5,500円、50ml/8,000円


トップノート:アルテミシア、マンダリン・オレンジ、タヒチ産ガーデニア、マンゴ・ブロッサム、ウォーターリリー
ミドルノート:バイオレットリーフ、タヒチ産ティアラフラワー、ブラックペッパー、プルメリア
ラストノート:トルーバルサム、サンダルウッド、アンバー、ホワイトムスク、ラズベリー

タイトルとURLをコピーしました