フランシス・クルジャン

プティ・マタン (フランシス・クルジャン)

スポンサーリンク

香水名: プティ・マタン Petit Matin オード・パルファム
ブランド:メゾン・フランシス・クルジャン
調香師:フランシス・クルジャン
発表年:2016年10月1日
対象性別:ユニセックス
価格:70ml/27,540円
販売代理店ホームページ:ラトリエ・デ・パルファム

メゾン フランシス クルジャン プティ マタン オードパルファム 70ml MAISON FRANCIS KURKDJIAN PETIT MATIN [4205]

価格:22,220円
(2019/6/9 01:46時点)
感想(0件)




シングル・ノート:インドネシア産リツェアクベバ、カラブリア産レモン、オレンジ・ブロッサム、サンザシ、プロヴァンス産ラバンディン、ムスク、アンブロキシド

グラン・ソワール」がパリの夜ならば、こちらはパリの朝の光をテーマにした姉妹作です。

日の出とともに朝日に包まれる早朝のパリの街からインスパイアされ生まれたアロマティック・グリーンの香りは、フランシス・クルジャンによる調香です。別名「香りのライトセーバーを持つ男」クルジャンの面目躍如の香りです。

インドネシア産リツェアクベバ(アオモジ、メイチャン「中国の女神」)というシトラスのような香りを放つ聞きなれないクスノキ科の精油とカラブリア産レモンのブレンドによって生み出された香りが、肌の上で踊りだすような爽快感を生み出します。そして、サンザシとプロヴァンス産ラバンディン系ラベンダーによって、淡いクリーミーなフローラルが現れ、(シトラスの香りに驚異的な生命力を与える)絶品ムスクとアンブロキシドが全てを包み込んでくれます。

女性にとっての太陽の香り。男性にとって異性を意識していることを隠しきれない香り。一言で言うと、「断れない条件」の香り。それがプティ・マタンです。

「太陽が眩しかったから」と述べ死刑を宣告されたムルソーという男の香りでもあります。そのレモンの香りは、リツェアクベバの協力を得て、レモンを凌駕したレモンの香りへと進化を遂げます。女子ウケという観点においては、最高峰に位置するフレグランスでしょう。

メゾン フランシス クルジャン プティ マタン オードパルファン トラベルサイズ 5ml【Maison Francis Kurkdjian Petit Matin EDP Spray Mini 5ml】

価格:4,135円
(2019/6/9 01:45時点)
感想(1件)

スポンサーリンク

最新の投稿

更新カレンダー

2019年8月
« 7月  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

ファッションアイコン(女優編)

PAGE TOP