究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【ゲラン】ミール エ デリール(ティエリー・ワッサー)

ゲラン
©GUERLAIN
ゲランティエリー ワッサーブランド調香師香りの美学
この記事は約3分で読めます。

ミール エ デリール

原名:Myrrhe et Delires
種類:オード・パルファム
ブランド:ゲラン
調香師:ティエリー・ワッサー
発表年:2012年
対象性別:ユニセックス
価格:75ml/35,200円

スポンサーリンク

幻のラール エ ラ マティエール

©GUERLAIN

2005年、パリ・シャンゼリゼ通り68番地のゲラン本店のリニューアルオープンを記念して発売された「ラール エ ラ マティエール(芸術と貴重なる生の素材)」コレクション。

この〝世界で最も貴重な原料を使ってゲランのパッションを表現して欲しい〟というコンセプトにより生み出されるコレクションの第九弾として、2012年に発売された「ミール エ デリール」は、ミルラを主題にしたオリエンタル・ウッディの香りです。

「ミルラと妄想」という不思議な名のこの香りは、五代目ゲラン専属調香師ティエリー・ワッサーにより調香されました。これはティエリーが、ソマリアを訪れたとき、ミルラに直接触れ、香料として「飼いならすこと」と「その潜在能力を引き出すこと」が最も難しいと言われるこの香料に強く惹きつけられたことから生まれました。

ミルラは、香ばしいキャラメルのような滲み出る温かみと、ゆっくりと力強く照り付ける太陽の光のような苦味を私の口の中で放射してくれます。

ティエリー・ワッサー

スパイシーなベルガモットとグレープフルーツの炸裂からはじまり、すぐに、ミルラとパチョリの温かい樹脂の上に、フルーティなピンクペッパーを伴うアイリスとローズがブレンドされ、ヴァイオレットが透明感溢れるパウダリーなベールで包み込んでくれます。

そして、非常に滑らかに、アプリコットと洋ナシのフルーティさがローズに重なり合い、ベースのソマリア産のミルラとリコリスがまろやかに甘いバニラと絡み合い、フルーティ・ローズとキャンディのように甘さが結びつきあいます。

癖のあるリコリスの存在のためか、もしくは幻覚作用を生み出すような一部香料に問題があったのか、発売され、すぐに廃盤となりました。「幻のラール エ ラ マティエール」です。

スポンサーリンク

香水データ

香水名:ミール エ デリール
原名:Myrrhe et Delires
種類:オード・パルファム
ブランド:ゲラン
調香師:ティエリー・ワッサー
発表年:2012年
対象性別:ユニセックス
価格:75ml/35,200円


トップノート:ベルガモット、グレープフルーツ、洋ナシ
ミドルノート:オスマンサス、ジャスミン、ローズ、ヴァイオレット・リーフ、アイリス
ラストノート:パチョリ、インセンス、トンカビーン、バニラ、ミルラ、リコリス

タイトルとURLをコピーしました